WeddingTable

Columnウェディングコラム

少人数結婚式におすすめのゲームを紹介!景品は何がいいの?

2020.07.12 | こだわり・アイディア

結婚式の余興の定番としてさまざまなゲームがありますが、少人数結婚式の場合にはどのようなものを選べばいいのか、迷っている人も多いのではないでしょうか。 この記事では、少人数結婚式でおすすめのゲームや、ゲームをする際の注意点について紹介していきます。 興味がある人や少人数結婚式を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

少人数結婚式でゲームをする時のポイント!

結婚式のデザートビュッフェ

少人数結婚式でもゲームなどの余興で式を盛り上げたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
大人数での結婚式とは違った、アットホームな雰囲気でゲームができるのも少人数結婚式の魅力です。

ゲームを選ぶときにはいくつかのポイントを押さえるようにしましょう。
まず、会場の大きさやゲストの人数に応じたゲームを選ぶことがとても重要です。
規模に見合わないゲームを選んでしまうと、ゲストへの配慮が行き渡らなかったり、演出がうまくいかなかったりする場合があります。
人数や会場の規模を考慮して選ぶようにしましょう。

また、ゲストが新郎新婦と一緒に楽しめるものを選べば、ゲームを通じて距離を縮めることができます。
新郎新婦についてのクイズやビンゴなど、大人数の結婚式では難しい場合が多いゲームでも組み込めるのもメリットのひとつです。
ゲームに使用する小道具の準備も、少人数であれば負担も軽くなります。

少人数結婚式におすすめのゲーム1:エピソードクイズ

<画像出典:ボンボンボンラフェメゾン
1つ目のおすすめのゲームは、「エピソードクイズ」です。
ゲストに〇×が書かれたものを渡すなどして、出題された新郎新婦のエピソードについて〇×を当ててもらうゲームです。

二人の出会いや結婚に至るまでのさまざまなエピソードをクイズにすることで、ゲストも楽しみながら新郎新婦の人となりを知ることができます。
〇と×形式で解答してもらうことでゲスト全員が参加しやすくなり、面識のないゲスト同士の会話のきっかけにもなります。

クイズは新郎新婦の誕生日や血液型など、みんなが知っているような内容からはじめて、だんだん誰も知らないようなエピソードを加えていくようにするのもよいですね。
クイズを作る時は難しさを意識して考えるようにしましょう。
また準備が可能であれば、クイズの問題にちなんだ新郎新婦の写真をスライドショーとして流すのも、会場を盛り上げるのに一役買ってくれます。

少人数結婚式におすすめのゲーム2:定番のビンゴ

2つ目のおすすめのゲームは、「ビンゴゲーム」です。
ゲストの年齢や立場に関係なく楽しめるので、とても取り入れやすいゲームです。
ビンゴカードは安価で手軽に購入しやすく、多忙な新郎新婦も簡単に準備することができます。
番号を引いていく方法でも十分楽しめますが、二人の記念日など新郎新婦に関係のある数字を選んで発表していくのも、結婚式ならではの演出でよいですね。

ビンゴゲームは余興の定番ですが、少し工夫をするだけでいつもとは違った楽しみ方もできます。
例えば、白紙のビンゴカードを配り、そこに今回参加しているゲストの名前をそれぞれ記入してもらったら、あとは通常のビンゴと同じようにゲームを進めていく方法です。
名前を使うことで数字を引く通常のものよりも、参加者同士の距離が縮まりやすくなるかもしれません。

参加人数がビンゴカードの枠よりも少ない場合には、今回参加できなかった人やペットの名前などを候補に入れておくのもよいでしょう。
待ち時間を利用して名前を書いてもらうようにすれば、その時間も楽しいものとなります。

少人数結婚式におすすめのゲーム3:当たりくじ

3つ目のおすすめのゲームは、「当たりくじ」です。
シンプルなゲームですが、工夫次第でいろいろなアレンジが可能です。
例えば、お皿の下に当たりくじをランダムに置く方法や、お菓子をまくときに当たりくじを入れておく方法などがあります。
もしどうしても景品を渡したいゲストがいた場合には、あらかじめ当たりを決めておき、ゲームを進めながら景品を自然に渡すこともできます。
サプライズでプレゼントをしたいときなどには余興に組み込んでおきましょう。

当たりくじゲームで人気の方法のひとつに「ラッキードラジェ」というものがあります。
「ドラジェ」というのは砂糖ペーストでコーティングしたアーモンド菓子のことで、中に当たりくじの入ったドラジェを、ゲストに配るケーキに入れておくというゲームです。
アーモンドは子孫繁栄や幸せの象徴とされ、また中に入れる当たりくじを5つにすることで、幸福、健康、富、子孫繁栄、長寿を願うものです。
結婚式ならではのゲームで、縁起がよいことから人気のある余興ですが、気が付かずにくじを食べてしまったり、ケーキが崩れてしまったりする可能性もあります。
取り入れたい場合は、専門のコンシェルジュとよく相談したうえで行う必要があります。

ゲームの景品を選ぶときに必要な配慮は?

ゲームの景品は少人数結婚式でも盛り上がる要素のひとつですが、景品を選ぶ際にはいくつか注意すべきポイントがあります。
まず、遠方からのゲストに配慮して、なるべく軽いものを選ぶようにします。
重いものを選んでしまうと持ち帰りの際、飛行機や新幹線での移動が大変です。
基本的には軽くて持ち運びがしやすいものを用意するようにしましょう。

映画や遊園地のチケット、商品券などが定番の景品として人気があります。
どうしても重いものや生ものを景品にしたいという場合には、後日郵送という形をとるようにすれば遠方の人でも安心です。
ゲームの景品はゲストの負担にならないように注意が必要です。

また、結婚式には子どもから年配の人まで幅広い年齢層のゲストが参加します。
二次会のように、友人などの年齢が近い参加者が多い場合とは異なり、ゲームの景品にも配慮が必要です。
キャラクター性の強いもの、個性的なデザインのもの、性別が限定されてしまうものだったりすると、参加者によっては困らせてしまうかもしれません。
誰に何が当たっても問題がないよう、老若男女問わず喜ばれるものを選ぶようにしましょう。

少人数結婚式でゲームをするときの注意点

<画像出典:CAFÉ&WEDDING22

少人数結婚式でゲームをするときの注意点についても紹介します。
まず、ゲームは式の序盤を避けて行うことをおすすめします。

結婚式は久しぶりに会う人やはじめて顔を合わせた人も多いです。
まだ緊張が解けていない序盤にしてしまうと、せっかく考えて準備したゲームもあまり盛り上がらずに終わってしまう可能性があります。
食事やお酒がすすみ、場が和んできた中盤以降に行うのがポイントです。
少人数結婚式はゆっくり会話と食事を楽しむことができるのも大きな魅力のひとつです。
ゲームをどのタイミングにするか、しっかり考えるようにしましょう。

また、なるべく分かりやすいルールのものを選ぶようにすると、年齢に関わらずゲームを楽しむことができます。
ルールが複雑だと年配の人や子どもにはわかりにくく、説明や進行に時間がかかるかもしれません。

ルールがシンプルなものや、馴染みのある定番のゲームであれば説明も短時間で済み、すぐにゲームに移れます。
司会が親戚や知人などのゲストの場合にも、シンプルなゲームのほうがルールや流れを把握しやすいためスムーズに進行ができます。
ゲストが楽しい時間を過ごせるよう、分かりやすくて簡単なゲームを選ぶようにしましょう。

少人数結婚式はみんなでゲームを楽しんで思い出作り!

少人数結婚式は、新郎新婦とゲストの距離を縮めやすいのも魅力のひとつです。
少人数ならではのゲームを選ぶことによって、より思い出深い結婚式にすることができます。

新郎新婦だけでなく、参加したゲストも楽しかったと思い出すことができる結婚式にするため、配慮すべきポイントをしっかりと押さえて計画することが大切です。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。