WeddingTable 式場紹介専門サロン

Columnウェディングコラム

少人数結婚式だからこそやりたい!おすすめ演出を一挙紹介!

2020.10.30 | 豆知識・費用・相場


少人数結婚式では、歓談や食事を中心とした内容が多く見られます。 ゲストと交流する時間を十分に取れるのは少人数結婚式ならではのメリットです。 一方、少人数だからといってまったく演出がないのは寂しいと感じる人もいるのではないでしょうか。 この記事では、少人数結婚式におすすめの演出を紹介します。

少人数結婚式の「少人数」は30名前後と言われている

少人数結婚式には明確な定義がありません。
基本的には、30名前後のゲストを招待して行う結婚式のことだと考えていいでしょう。
一般的な結婚式では、ケーキカットやキャンドルサービス、家族への手紙などセレモニーとしての演出が多く行われます。
 
結婚式のキャンドルサービス
 
少人数結婚式ではこれらの演出をすべて行うケースは少ないのが実情です。
そのため、進行を新郎新婦や友人、親族が行うことも少なくありません。
もちろん、プロに司会を依頼するケースも多くあります。
特定の人に進行役としての負担をかけたくない場合はプロへの依頼を検討しましょう。
 
ゲストが少人数の場合、ゲスト層によって異なりますが、カジュアルでアットホームな雰囲気になる傾向があります。
賑やかに盛り上がる雰囲気とは異なるので、むしろゲストの人数が少ないことでフォーマルな雰囲気だと感じる人もいるでしょう。
少人数結婚式での演出は、これらの特徴を把握したうえで検討することが大切です。

少人数結婚式におすすめしたい演出「ゲスト一人ひとりへの手書きメッセージ」

一般的な披露宴では難しい「ゲスト一人ひとりへの配慮」も、少人数結婚式であれば可能です。
ゲストごとに招待状を作成する、席次表にメッセージカードを添える、席札にメッセージを記入するなど、一人ひとりに心を込めた言葉を贈りましょう。
ゲスト数が多いと大変な労力になりますが、少人数であれば作業に追われることなく思いを伝えられます。
 
ゲストへの手紙
 
この演出は、親族のみの結婚式にも友人を招待する場合にもおすすめです。
少し手間はかかってしまいますが、手書きのメッセージをもらって嬉しくないゲストはいません。ゲスト一人ひとりとの思い出を綴ることは、ふたりにとっても素敵な時間になることでしょう。

少人数結婚式におすすめしたい演出「ケーキカット・ケーキサーブ」

ケーキカットは披露宴の形態を問わず人気がある演出です。
カットする瞬間はゲストにとってのシャッターチャンスでもあり、少人数でもおおいに盛り上がります。
大人数の披露宴ではケーキカットの後にスタッフがゲストへ配膳するのが一般的ですが、少人数の結婚式では新郎新婦からゲストへ手渡しする時間も十分にあります。
 
各テーブルを回りながらケーキサーブをしたり、ケーキコーナーを設けてゲストに受け取りに来てもらったりすると、ゲストと触れ合う機会も多くなるでしょう。
数個のケーキの中にドラジェを仕込み、当たったゲストにふたりから何かをプレゼントする演出も人気があるのでおすすめです。
ブーケプルズのような演出が難しい場合に検討してみてもいいでしょう。
 
結婚式の鏡開き
 
親族のみの結婚式で、かつ和装で行う場合はケーキカットの代わりに鏡開きを行うのもおすすめです。
鏡開きの後は使用したお酒をサーブしてゲストと交流する機会を設けましょう。
お酒の代わりにプチギフトを樽の中に入れ、配りながらゲストテーブルを回るのもいい方法です。
ゲスト層に合わせて演出を考えましょう。

少人数結婚式におすすめしたい演出「生い立ち・ふたりの馴れ初めムービー」

プロフィールムービーは結婚式の定番ともいえる演出です。
一般的な披露宴では司会者が新郎新婦のプロフィールを紹介するケースも多いのですが、少人数結婚式では少し堅苦しいかもしれません。
 
一方で、どんなに親しい人たちだけを招待する結婚式でも、相手のゲストは自分の生い立ちを知らないこともあります。
プロフィールムービーを流せば、お互いのゲストにふたりのことを知ってもらえるうえに、結婚式の流れにメリハリができます。
 
新郎新婦とカメラ
 
自作できるソフトなどを使用してこだわりのムービーをつくるのもいいでしょう。
可能であれば、ゲスト全員が登場するように作成すると、ゲストの満足度も高くなります。
作成する際には、あまり長いムービーは飽きてしまうため、5~10分程度にまとめましょう。
 
流すタイミングは、ゲストが集まり開宴まで待っている時間に流す、中盤に小休止として流す、終盤にサンクスムービーとして流すなどがあります。
前後の流れを意識して適切なタイミングで流しましょう。

少人数結婚式におすすめしたい演出「新郎新婦との写真撮影」

ゲストと交流する時間を多く取れるという少人数結婚式のメリットを活用して、写真撮影の時間を設けるのもおすすめです。ふたりでゲストのテーブルに出向き、一緒に写真を撮影します。
テーブルごと、グループごとに会話しながら撮影していきましょう。
 
結婚式の記念写真
 
人数が少なければ、ゲスト一人ひとりと撮影しても問題ありません。
お色直しを挟む場合は「この衣装のときはふたりの席に来てもらう」「この衣装のときはゲストのテーブルをまわる」というように、写真を撮りたいゲストの要望に応えられるよう配慮しましょう。
 
プロのカメラマンに撮影してもらうのはもちろん、ふたりのスマートフォンなどで撮影するのもいい方法です。
撮影後、すぐに写真をゲストと共有したり、お開き後にメッセージを添えて送信したりすると、よりゲストに喜んでもらえるでしょう。

少人数結婚式におすすめしたい演出「新郎新婦によるゲスト紹介」

新郎新婦がみずからお互いのゲストを紹介する演出です。
相応の時間を要するため、少人数だからこそできる演出でもあります。
ゲストとの関係性をふたりが直接紹介することで、その後の歓談でもゲスト同士の交流がスムーズになります。
 
結婚式の新郎新婦
 
ゲストの人数が少なければ紹介の後に一言スピーチをいただいてもいいでしょう。
ゲストが30名を超える場合は時間がかかってしまうこともあります。
その場合はプロの司会を依頼するなどの工夫が必要です。
 
挙式を行わない場合、挙式前の親族紹介もありません。
親族同士が集まる結婚式では、親族紹介があるものだと考えて出席するゲストもいます。
そのため、この演出を親族紹介がない場合の代替案として検討してもいいでしょう。

ゲストを楽しませる演出で楽しい結婚式を挙げよう

少人数だからといって演出をすべてカットする必要はありません。
むしろ少人数でなければ難しい演出もたくさんあります。
大切なのは、ゲスト層に合わせた演出を行うことです。
 
ゲストの顔を思い浮かべながら、どんな演出が喜んでもらえるか考えましょう。
ゲスト一人ひとりに対するきめ細かい気遣いは、大人数の結婚式では難しいものです。
少人数ならではのゲストに配慮した演出でみんなが楽しめる結婚式にしましょう。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。