WeddingTable

Columnウェディングコラム

すてきな家族婚にしたい!簡単に取り入れられるアイディア3選

2020.01.22 | こだわり・アイディア

知人や友人をたくさん招いた盛大な結婚式もすてきですが、家族だけで行う家族婚はアットホームな雰囲気が楽しめます。
ただ、家族婚は少人数のため、演出が難しいと感じる人もいるようです。
家族婚をすてきに演出するにはどのようなアイディアがあるのでしょうか。
実は、家族婚ならではと言える演出方法というのはたくさんあるのです。
そこで、簡単に取り入れられる家族婚の演出のアイディアを3つ紹介します。

1 家族婚の演出はどうしたらいい?

<画像出典:箱根ホテル

結婚式というと、豪華で派手なパーティーを想像する人も多いでしょう。
しかし、結婚式にはさまざまなスタイルがあり、家族だけで行うアットホームな結婚式にも注目が集まっています。
家族婚を選んだ理由には、目立つのが好きではないからというのが多く、費用が抑えられるという点もポイントでしょう。
また、食事やギフトなどをゲストに合わせられることから、ゲストへの感謝を伝えるために結婚式をしたいという人からも家族婚は人気です。
しかしながら、家族婚は、お食事会の延長といったスタイルだと考えられることもあり、食事だけで終わってしまうイメージを持つ人も見られます。
親族だけでは盛り上がりに欠けてしまうと感じることもあるでしょう。

ただ、家族婚は、メリットを上手に活かすと出席した人を楽しませる演出ができます。
家族や親族だけで集まることから、大人数の結婚式ではできない感動的な演出もできるのです。
家族婚だからこそできる演出を取り入れ、心に残る結婚式にしましょう。
家族の雰囲気を結婚式にそのまま持ち込めるのが、家族婚の魅力のひとつです。
新郎新婦はどのような家族のもとで育ったのかをお互いの家族に知ってもらえるきっかけにもなるでしょう。
さらに、両家の親睦を深める絶好のチャンスにもなります。
出席した人同士が挨拶しやすいよう、両家の家族構成や人柄がわかるような演出を取り入れるのもひとつの方法です。
新郎新婦との写真タイムを設けるのもいいでしょう。
写真撮影にじっくりと時間が取れると、リラックスした表情の写真を残せます。

メリットの多い家族婚ですが、演出の際には注意点もあります。
年配のゲストが多い場合には、余興のためにゲストを移動させる必要がないように気を配りましょう。
アットホームな雰囲気を重視しすぎると間延びしてしまうことも考えられます。
プログラムやスケジュールをある程度は決めておき、時間通りの進行を心がけることも大切です。
もし、進行が難しいと考えるのであれば司会を立てるのもいいでしょう。
家族に司会をお願いする方法だけでなく、プロの司会者に依頼することも可能です。
家族婚では無理に派手な余興や演出をする必要はありません。
落ち着いた演出を上手に取り入れることで、あたたかい結婚式となるでしょう。

2 すてきな家族婚にするためのアイディア1:家族の写真を使う

<画像出典:DANZERO

出席した人の思い出に残る、すてきな家族婚にするためのアイディアのひとつには、家族の写真を使った演出があります。
結婚式では、新郎新婦の小さいころからの写真や、思い出の写真などを使用しスライドなどは人気の演出です。
ただ、大人数の結婚式の場合には、すべてのゲストの写真を納めることは難しく、新郎新婦と一緒に撮影した写真がないゲストもいるでしょう。
すべてのゲストに楽しんでもらうには、2人だけの写真を選ぶのが無難だと考えてしまいますよね。

一方で、家族婚の場合には、出席する人が家族や親戚に限られていますので、写真も手に入れやすいと言えます。
家族との思い出が詰まった写真を選び、みんなでワイワイと見るのも楽しみ方のひとつでしょう。
新郎新婦のプロフィールブックに、家族の写真付きの家系図を載せるのも良いアイディアです。
写真付きの家系図は、ゲストと新郎新婦との関係が一目でわかることから、ゲスト同士の親睦が深めやすくなるメリットも期待できます。
新郎新婦の両親は顔合わせですでに会っていても、祖父母や親戚などは、結婚式の日が初めての顔合わせが多いです。
両家がこれからも深い付き合いを続けていくためは、結婚式を機にそれぞれの家族のことをよく知っておくのがいいでしょう。
写真だけでなく簡単なプロフィールなども載せておくと、会話が広がりやすくなります。

3 すてきな家族婚にするためのアイディア2:家族へのメッセージを書く

<画像出典:クルーズクルーズYOKOHAMA

家族へのメッセージを書くのもすてきな家族婚にするためのアイディアです。
大規模な結婚式の場合には、それぞれのゲストに合わせたメッセージを書くのは難しいでしょう。
しかし、家族婚であれば10~30人規模で行われることが多いため、メッセージを書くのにそれほどの時間はかかりません。
ゲストへの感謝の気持ちなどをじっくりと書けますので、ゲストからも喜ばれるでしょう。
家族へのメッセージは、普段はなかなか伝えられない気持ちを伝えるいいチャンスでもあるのです。
ゲストの席札などに手書きのメッセージを添えておくとサプライズにもなります。
席札の小さなスペースだけでは思いが伝えきれないという場合には、すてきな便せんを使ってたっぷりと気持ちを届けるのもひとつの方法です。
手紙には写真を添えるなどさまざまなアレンジが可能ですので、自分らしい演出もできるでしょう。

そのほかにも、ゲストに手紙を読んでもらう時間を設けるといった演出もあります。
それぞれのゲストがじっくりと手紙を読む時間があることで手紙に込めた思いがストレートに伝わるのです。
音楽のない静寂な時間で手紙を読んでもらうと、ゲストが新郎新婦の気持ちと向き合う時間ができ、感動も大きくなるでしょう。
そのほかにも、家族婚ならではと言えるアイディアとして、子育て感謝状などを両親に進呈するといった演出もあります。
新郎新婦の気持ちを、感謝状という形に変え、これまでの感謝を伝えましょう。
大切に育ててくれた両親を主役にした演出は、今までありがとうという気持ちと、これから新しい家族とがんばっていくことを両親に伝えるきっかけとなります。

4 すてきな家族婚にするためのアイディア3:ゲストごとに引出物を選ぶ

かつて、結婚式の引き出物はゲスト全員に同じものを選ぶのが一般的でした。
なぜなら、引き出物は結婚式の記念品として考えられていたからです。
そのため、新郎新婦のイニシャル入りの食器や、名前入りの品をゲストに持ち帰ってもらうことが多く見られました。
その後、時代は変わり、ゲストに喜ばれるものを贈りたいと考えられるようになってきました。
それでも、大人数の結婚式の場合には、それぞれのゲストに合った引き出物を選ぶことは難しいでしょう。
その結果、誰にでも喜ばれるものを選ぶカップルも多く見られます。
しかし、ゲストの立場や趣向はさまざまであり、引き出物を持て余すゲストが出てしまうことも少なくありません。

その点、家族婚は少人数のため、一人ひとりに違う引き出物が選べます。
これまで一緒に暮らしてきた家族の好みは把握しやすいですよね。
そういった理由から、それぞれのゲストに合った、本当に喜んでもらえる引き出物が選べるのです。
ゲストのことを思って引き出物を選ぶと、日ごろの感謝の気持ちも伝えやすくなります。
また、ゲストへの感謝の気持ちを込めて選んだ贈り物は、長く大切にしてもらえるでしょう。

そのほかにも、一般的な結婚式では、人数の関係から引き出物が席まで運ばれることが多く見られます。
しかし、家族婚は人数が少ないため、新郎新婦が直接ゲストに引き出物を渡せるのがメリットです。
結婚式に来てくれたことを感謝する意味で渡す引き出物は、それぞれのゲストに手渡しをすることで気持ちが伝わりやすくなります。
ありがとうの言葉とともに、ゲストにぴったりの引き出物を贈りましょう。

5 さまざまなアイディアを取り入れて素敵な家族婚にしよう!

あたたかい雰囲気のなか、家族への思いをストレートに伝えられる家族婚では、家族婚だからこそできる演出を選ぶのがいいでしょう。
家族婚ならではと言える演出はたくさんあり、上手に取り入れることで両家の親睦も深まります。
さまざまな家族婚の演出のアイディアを取り入れ、新郎新婦だけでなくゲストの心にも残るすてきな家族婚にしましょう。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。