WeddingTable 自分たちらしい結婚式探し

Columnウェディングコラム

30代で結婚式をしない「ナシ婚」とは?結婚式をおすすめしたい理由も解説!

大人婚 | 公開: / 更新:

30代で結婚式をしない「ナシ婚」とは?結婚式をおすすめしたい理由も解説!記事サムネイル

結婚はするけれど結婚式はしない「ナシ婚」を選択する30代のカップルが増えています。
結婚に対する考え方が多様化してきたことで、ナシ婚もひとつの選択肢という認識が強くなってきているのが実情です。
30代前半のアラサーと言われる世代、30代後半のアラフォーと言われる世代は、結婚式をどのように考えているのでしょうか。
この記事ではナシ婚の特徴と、結婚式を行った場合のメリットなどを解説します。

ご成約キャンペーンバナー

30代で結婚式をしない「ナシ婚」が増えている理由とは?

結婚式をしないという選択は珍しいわけではありません。
社会情勢の変化に伴い、結婚の在り方には「当たり前」がなくなってきています。
まずは、ナシ婚を選択する理由を見ていきましょう。

・金銭的な理由
従来、結婚は家同士のものという認識が強く、結婚式にかかる費用は親が負担するのが一般的でした。
近年では、結婚はふたりの合意によって行われるものという認識に変化し、結婚式の費用もふたりが負担するべきと考える人が増えてきています。

一方、結婚式と新生活の準備、新婚旅行など、結婚に関するイベントすべてに多額のお金をかけるのは現実的ではありません。
そのため「結婚式よりも新生活のためにお金をかけたい」「将来のために貯蓄しておきたい」と考えるカップルが増えてきています。

妊娠した女性

・身体的な理由(マタニティなど)
近年は結婚の前に妊娠するケースも増えてきています。
妊娠は女性の体にさまざまな変化をもたらすため、体に負担がかかるイベントはしないという判断をする人も少なくありません。
「体調が落ち着いたら」「子どもが産まれたら」と考えていたものの、タイミングを逃してしまい、結婚式が実現できなかったという声も多く聞かれます。

・親族と仲が悪い
親族関係が悪いこともナシ婚増加の一因とする見方があります。
結婚式に対する世代間の考え方にも違いがあるので、結婚式に親族の考え方を反映させたくないと考える人も多いでしょう。
その一方で、お伺いを立てないと親族間の摩擦が発生することもあり、結果として「面倒だから結婚式はやらない」という結論を出すカップルが増えています。

・結婚式に招待したい人がいない
友人との関係が希薄になっている、周りに結婚したことを知られたくない、親族に反対されているなど、理由はさまざまですが結婚式に招待したい人がいない場合も少なくありません。
最近では、2人だけの結婚式が広まってきましたが、結婚式は多くのゲストを呼ぶイメージがまだまだあるのでそうしたイメージをお持ちの場合は、結婚式に招待したい人がいないからと諦めてしまっているかもしれません。

ブーケを持つ花嫁

・挙式や披露宴に魅力を感じない
「たくさんのゲストを招待して何着もの花嫁衣装を披露し、余興で大騒ぎをする」このようなスタイルが日本における結婚式のベーシックとして定着したことは否めません。

「これは自分たちが求める結婚式ではない」と考えるカップルが増えていることも事実です。
結婚式場やメディアが提案する結婚式に魅力を感じない場合「それならやらなくていい」と判断するカップルもいます。

・再婚だから
近年の離婚率の上昇に伴い、再婚率も上がってきています。
ここで問題になるのが、一方は再婚でも一方が初婚の場合です。
「初婚同士であれば結婚式をするけれど、相手が再婚であればやらない」と判断する人は多く、結果としてナシ婚が増えているという見方もあります。

 

・準備や段取りがめんどくさそう

結婚式の準備には多くの時間と費用がかかります。それがふたりの負担になってしまうことも。招待客への配慮やお互いの希望のすり合わせ、準備のために式場に何度も足を運んだり・・・。

 

このようなイメージが先行し、めんどくさいそうだから「結婚式をしない」と思っているカップルも多いようです。

 

結婚式がめんどくさいと感じている方は以下の記事をご覧ください。その理由や解消方法などを詳しく解説しています。

 

ナシ婚のメリットはどんなものがある?

ナシ婚にはさまざまなメリットもあります。
まず、金銭的な負担がかからないことです。
言うまでもなく結婚式にはお金がかかります。
ふたりでその費用を負担するとなれば、相当な金額が手元からなくなると考えていいでしょう。

お金のイメージ

ナシ婚であれば、結婚式の出費が今後の生活を圧迫する事態を防げます。
もちろん、結婚祝いへのお返しなどある程度の出費は必要ですが、結婚式にかかる費用の比ではないのが一般的です。

次に、結婚式の準備をする手間がないことが挙げられます。
結婚式は準備に多くの手間と時間がかかり、仕事と並行して行わなければならないことも少なくありません。
日々、忙しく過ごしている人にとっては精神的な負担になることも事実です。
ナシ婚はこのような手間がかからず、無理なく新生活をスタートできるためナシ婚を選ぶカップルもいます。

ナシ婚のデメリットはどんなものがある?

ナシ婚のデメリットは、結婚式を挙げることのメリットを享受できないことです。
結婚式という儀式は、ふたりに結婚の実感をもたらします。
花嫁衣装をまとい、ゲストの前で誓いを立てることで、夫婦として生きていく覚悟ができたという声はよく聞かれます。
ナシ婚でも婚姻届を提出することで夫婦になる実感は持てるものの、結婚式を行うことで得られる実感とは少し性質が異なるものとなるでしょう。

挙式をする新郎新婦

また、ナシ婚であっても親族や友人へ結婚の報告をする必要性は変わりありません。
結婚式を行えばゲストを一堂に集めて報告し、引き出物を渡すことでお祝いへのお返しもできます。
一方、ナシ婚では報告もお返しもそれぞれに行う必要があるので、むしろ結婚式を行うよりも手間と時間がかかると感じる人もいるでしょう。

結婚式をしないのはもったいない!おすすめしたいその理由とは

一見、結婚式をするよりもラクに感じられるナシ婚ですが、結婚式には費用と手間に見合うメリットがあります。
結婚式をしようかどうか迷ったら、以下のメリットについて考えてみましょう。

・人生の区切りがつけられる
人は儀式をすることで新たな人生を歩みだせるとする見方があります。
卒業式や入学式、入社式などでその事実を経験した人も多いでしょう。
結婚式も同様に、行うことで人生に節目をもたらします。
夫婦としての第一歩に、結婚式が与える影響はとても大きいものなのです。

楽しそうな結婚式

・パートナーを親族、友人に紹介できる
親族や友人とは、結婚してからも長い付き合いになります。
そのため、自分のパートナーの紹介は必要不可欠です。
結婚式をすると、その場でパートナーを親族や友人に紹介できます。
ふたりが個別に紹介しなくても、挙式前後の親族紹介や披露宴の席次表などで確認できるので、ある意味では合理的といえるでしょう。

・親孝行ができる
自分の娘や息子の晴れ姿を見たいと考えている親は少なくありません。
子どもが花嫁、花婿となった姿を見て、懸命な子育てが報われたと感じる親も多いでしょう。
子どもができる一番の親孝行は、親から巣立つことです。
親は立派に支度した子どもの姿を見て子育ての終了を実感します。
結婚式は子どもとして最後にできる親孝行でもあるのです。

新郎新婦と結婚式

・結婚式を通してパートナーとの絆が深まる
結婚式の準備はそれなりに時間がかかります。
2人の歩みを幼少期、思い出の場所、趣味など様々な思い出にさかのぼって話し合って打ち合わせを進めていくことがあります。
結婚式のテーマを2人で考えたり、ウェルカムアイテムや招待状を作ったり、どのようなゲストを呼ぶか話し合ったりと結婚式の準備を通して、今まで知らなかったパートナーのことを知れるきっかけになるかもしれませんよ。
結婚式の準備は大変と言われることも多いですが、無事に結婚式当日を迎えられてゲストからおめでとう!と声を掛けてもらえる瞬間に結婚式をやって良かったと感じる方は多くいらっしゃいます。

30代の結婚式スタイルは様々!知っておきたいポイントを紹介

結婚式は必ずしもごく一般的に行われているスタイルに合わせる必要はありません。
30代の結婚式はふたりらしいスタイルで行うことが大切です。
どんな結婚式にしようか迷っているなら、以下の例を参考にしてみましょう。

結婚式の指輪交換のシーン

・挙式のみにする
披露宴は行わずに挙式のみを行うスタイルです。
大勢のゲストを呼ぶ必要がないので、費用や準備にかかる負担も軽減されます。
挙式後に親族の食事会を行えば、親族同士の顔合わせもできるでしょう。

結婚式の会食

・挙式をせずに会食のみにする
挙式が恥ずかしい、挙式をする意味を感じないという方も一定数いらっしゃいます。
そのような場合は、挙式をせずに家族や友人などを招いて結婚の報告をするお食事会をされてみてはいかがでしょうか。
両親から挙式をして欲しいと言われたのなら、会食会場内で宗教に関係のない挙式スタイル人前式を行うのも手段のひとつです。
挙式をしなくとも、お食事会の中で簡単な結婚報告の挨拶や指輪交換、両親へのプレゼント贈呈などをするだけで結婚式らしい雰囲気になりますよ。

・少人数婚にする
披露宴に招待する人数を限定するスタイルです。
親族のみに絞る、友人のみに絞るといった少人数であれば、食事をメインとした構成でも楽しい時間を過ごせるでしょう。
少人数婚であれば、演出を行う事や司会者を依頼することが少なく、その分コストカットができるのもメリットです。

・派手な演出、やりたくない演出はカットする
ブーケトスやブーケプルズ、余興、ファーストバイト、花嫁からの手紙など、やりたくない演出はカットしても問題ありません。
結婚式を行う最大の目的はあくまでも結婚の報告です。
ゲストと会話する時間を多く設けるなど工夫してアットホームな結婚式にしましょう。

神社で和婚

・ドレスが恥ずかしいという場合は和装を検討してみる
和装は30代の大人花嫁にぴったりの花嫁衣装です。
事実、大人婚では和装を希望するカップルが増えています。
神前式や仏前式はもちろん、昨今では和装での人前式に対応している会場も増えているので相談してみましょう。

花嫁の後ろ姿

・シンプルなウェディングドレスを選ぶ
ドレスを着るのならシンプルなデザインのものがおすすめです。
特に、スレンダーライン、マーメイドライン、エンパイアラインのドレスは、大人花嫁に似合うデザインが豊富にあります。
シンプルでクラシカルなウェディングドレスもたくさんあるので検討してみましょう。
袖があるタイプのウェディングドレスは、肌の露出が抑えられて上品な印象になりますよ。

カメラ

・フォトウェディング(フォト婚)という選択肢もある
それでも結婚式や披露宴は難しいという場合は、フォトウェディングという方法もあります。
花嫁、花婿の姿を写真に残して、親族や友人に結婚の報告として送りましょう。
家族にも花嫁、花婿姿を見せたいという場合は、撮影日に家族に来てもらって家族集合写真を撮るのもおすすめです。

・二次会はしない、1.5次会という選択肢もある
30代の結婚式ではゲストも同世代が多くなり、子育てや仕事の関係で長時間の参列は難しいという方も増えることが予想されます。
挙式、披露宴、二次会、さらには三次会までと長時間楽しむ結婚式もありますが、30代の結婚式ではゲスト層に合わせてパーティースタイルを検討しましょう。
二次会に参列できるゲストが少なければ、披露宴と二次会の良いところを取ったカジュアルなパーティースタイル1.5次会をするというのも良いでしょう。
挙式と会食は親族だけで行い、1.5次会は友人を呼ぶというようにスタイル別に招待ゲストを分ければ、それぞれにかかる時間は最小限に抑えられ、ゲスト層に合わせたふさわしいお披露目になるでしょう。

ナシ婚を選択して後悔しない?もう一度結婚式をするかどうか考えてみよう!

結婚式をしないナシ婚のメリットデメリット、30代からの大人婚を叶えるためのポイントなどをご紹介しました。
ナシ婚を選択して、数年後にやっぱりやっておけばよかったと後悔される方は少なくありません。
離婚歴のあるカップルは、結婚式をしていなかったカップルの割合が多いというデータもあり、結婚式をしないと離婚率も上がるとも言われるようになりましたね。
結婚式が一概に離婚に関係しているかは、明確ではありませんが結婚式は夫婦の絆や家族や親族との絆を深める機会になることは確かでしょう。

2人や家族が結婚式をしない選択に納得されているのであれば問題ありませんが、1人でも納得していない人がいるのであれば後から後悔する原因になりかねません。
結婚式に少しでも興味があるのであれば、結婚式場紹介カウンターに行ってみる、インターネットで結婚式について調べてみる、結婚式場のフェアに行ってみるなど、ぜひ行動に移してみてください。
迷っているときには分からなかった結婚式のことが分かるようになるかもしれませんよ。

結婚式は人生の思い出になる

よく「結婚式で残るのは思い出だけ」といわれます。
これはまさにその通りで、それなら結婚式をやらなくていいと考える人がいても不思議ではありません。

しかし、思い出の価値は何物にも代えがたいものであり、結婚式をしなければつくれない思い出があることも事実です。
Wedding tableでは、大人花嫁が考える結婚式のスタイルを実現できる会場を数多く掲載しています。
概念にとらわれないふたりらしい結婚式で人生の思い出をつくりましょう。

こちらではナシ婚のメリット・デメリットをご紹介してます。
是非参考にしてみてください!

この記事を書いた人

宮澤
婚礼衣装スタイリストとして、200組以上の新郎新婦をお手伝い。お客様の「やりたい」を実現するため、親身に、幅広い可能性を検討する接客が好評。新郎新婦たちが知りたい情報を提供できるよう日々奮闘中。これから迎える結婚式が楽しくなるような記事を多く執筆。保有資格:マタニティの医療サポート認定資格「マタニティコンシェルジュ」

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くのサロンへご相談ください。

  • 新宿サロン

    新宿サロン

    〒160-0022  東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル4F
    最寄駅:JR「新宿駅」都営新宿線・東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目駅」

  • 青山サロン

    青山サロン

    〒107-0062 東京都港区南青山3-4-4カサビアンカbldg
    最寄駅:東京メトロ銀座線「外苑前駅」

  • 横浜サロン

    横浜サロン

    〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-9-10 横浜HSビル5F
    最寄駅:JR・地下鉄・私鉄各線「横浜駅」

  • 大宮サロン

    大宮サロン

    〒330-0846 埼玉県さいたま市 大宮区大門町3-88逸見ビル4F
    最寄駅:JR「大宮駅」

  • 八王子サロン

    八王子サロン

    〒192-0081 東京都八王子市横山町6-9 丸多屋ビル9F
    最寄駅:JR「八王子駅」

  • 高崎サロン

    高崎サロン

    〒370-0827 群馬県高崎市鞘町20-1 高崎鞘町ビル4F(パーク500 5Fから直結)
    最寄駅:JR「高崎駅」

  • 新潟サロン

    新潟サロン

    〒951-8056 新潟県新潟市中央区花町2069 新潟花町ビル7F
    最寄駅:JR「新潟駅」

  • 郡山サロン

    郡山サロン

    〒963-8004 福島県郡山市中町7-19 デジプラン中町ビル3F
    最寄駅:JR「郡山駅」

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

ご利用の流れを見る

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。