WeddingTable

Columnウェディングコラム

6月に良く聞く「ジューンブライド」って?

2020.05.18 | 豆知識・費用・相場

「ジューンブライド(June Bride)」という言葉、一度は耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。 でも、どうしてそのように呼ばれるようになったのでしょうか。 由来には様々な説がありますが、ローマ神話に登場する女性の守護神とも呼ばれたjuno(ユノ・ジュノ)の祭礼が6月1日に行われたことに由来していると言われています。 結婚、出産、育児を見守るjunoが守護する6月に、結婚式を行うことで二人の幸せが生涯続くと考えられたそうです。 また、ヨーロッパでは6月は晴れの日が多く、非常に過ごしやすい気候のため、結婚式に向いている時期とされたとも言われています。 「ジューンブライド」の結婚式、どう過ごす?ジューンブライドは憧れるけど、日本の6月と言えば…梅雨!! 当日、雨が降ったらどうしようとお困りの方に、嬉しいポイントをお伝えいたします。

1 費用が抑えられる!?

結婚式で1番人気のシーズンは、春と秋です。
やはり、たくさんの方の結婚式が集中する時期は料金が上がってしまうことが多いです。

そんなトップシーズンから少しずれた6月は、お安く結婚式を挙げられる時期です。
ジューンブライドに合わせて、結婚式場でもお得に叶えられるプランをたくさん出しています。

2 とても過ごしやすい気候

寒くもなく、暑くもなく、とても過ごしやすい気候なのが6月に結婚式を挙げるメリットです。
女性ゲストは特に参列時の服装が気になりますよね。
真夏は、何もしなくても汗をかいてしまうほど暑く、メイクも崩れがち。
冬は、寒すぎてコートが手放せなく、荷物になってしまう。

6月は、そのような心配がなく、思いっきり楽しんでいただける季節です。
新郎新婦も、過ごしやすい気候での結婚式は疲れにくく、おすすめですよ。

3 ハネムーンにもおすすめ

日本は梅雨の時期ですが、海外は過ごしやすい気候のところが多いです。
特にヨーロッパやハワイ、オーストラリア、日本では沖縄がおすすめのエリアです。

結婚式を終えてから、そのままハネムーンへ行かれたい方にはぴったりの時期でしょう。
また、海外挙式をして国内で友人を招いたパーティーを行うのも素敵ですね。

4 でも、やっぱり天気が気になる方へ

梅雨の時期ですので、天気はやはり気になるところですね。
万が一、雨でしょんぼり…となってしまわないためにも、雨の時を想定して結婚式のスケジュールを組みましょう。
ガーデン挙式、ガーデンでのブーケトス、フラワーシャワー、デザートビュッフェなどは、室内で代用できるところがあるか確認しておくと良いでしょう。

または、室内にフォトブースを設けたり、テーブルラウンドをして一人ひとりと話す時間を大切にしたりとゲストへのおもてなしをこだわることができます。
また、雨の日のナイトウェディングは窓に雨のしずくがキラキラ光ってとても幻想的です。
キャンドルリレーのやわらかい灯りと、雨がマッチしてロマンチックな雰囲気でおすすめです。

5 Wedding tableより一言

ジューンブライドは、女性の守護神が見守る幸運の月で行う結婚式。
雨だとしても、たくさんのハッピーが降り注いでいると思って、最高の1日をお過ごしください。
室内でも思いっきり楽しめるおすすめの会場もご用意していますよ。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。