WeddingTable 式場紹介専門サロン

Columnウェディングコラム

30代の大人花嫁さん必見!結婚式の最適なドレスコーディネートを解説

2021.03.26 | アイテム


30歳からの大人の結婚式はドレスの着こなしがとても重要です。 大人花嫁ならではの品性や落ち着きのあるコーディネートを目指したいですよね。せっかくなら、20代のかわいらしい雰囲気とは異なる大人婚だからこそ着こなせる上質なコーディネートにしましょう。 この記事では、30代の大人花嫁に向けて、結婚式のドレスコーディネートについて解説します。

ドレスにはどんな形がある?基本を知ったうえでコーディネートをしよう

花嫁が着るドレスにはいくつもの種類があります。
言葉は聞いたことがあるけれど、どんなドレスかイメージできないという人も多いのではないでしょうか。
ここでは、よく聞かれるドレスのシルエットの名称のそれぞれの特徴を解説します。
 

マーメイドライン
ひざ下から裾にかけて広がる人魚をイメージしたラインです。
ひざ上まではタイトなシルエットで、エレガントな印象を与えます。
 
ロケーションフォトをする新郎新婦
 
Aライン
ウエストから裾にかけて左右に直線的な広がりを持つラインです。
デザインが豊富で、着る人や会場の雰囲気を選ばないことから、多くの花嫁に人気があります。
 
プリンセスライン
ウエストから裾にかけて丸みを帯びた広がりを持つラインです。
お姫様のようなシルエットになるため、フェミニンな雰囲気を好む花嫁に人気があります。
 
ベルライン
ウエストから裾にかけて釣り鐘型に広がるラインです。
かわいらしさと品のよさを併せ持った雰囲気で、高貴な印象を与えます。
 
大人ウェディング
 
スレンダーライン
ドレス全体がタイトなラインです。
すっきりとしたシルエットで、ボディラインを強調したデザインが多いのが特徴です。
 
エンパイアライン
胸下からストンと直線的に落ちるラインです。
透け感のある素材が多用され、軽やかな印象が特徴です。
ウエスト部分の締め付けがないので、マタニティの花嫁からも人気があります。

30代の結婚式で求められるのは「質」!定番の「シルク」の種類も複数ある

ドレスはラインやデザインもさることながら、素材の質も重要です。
素材によって与える印象がまったく異なるので、こだわって選びましょう。
数ある素材の中でも、30代の大人花嫁にはシルクがおすすめです。
一口にシルクと言っても種類は多く、花嫁のドレスには以下のシルクが使われます。
 
・ミカドシルク
・シルクタフタ
・シルクオーガンジー
・シルクシフォン
・シルクサテン
 
「ミカドシルク」はシルクの中でも最高級といわれています。
独特の光沢と重厚感があり、30代の大人花嫁にふさわしい素材です。
「シルクタフタ」はハリのある質感が特徴で、イギリス王室のダイアナ妃がお召しになられたことでも有名になりました。
 
ほかにも、ふんわりとした透け感が特徴の「シルクオーガンジー」、どっしりとした強い光沢がある「シルクサテン」、柔らかくほんのりと暖かみがあり綺麗なドレープが作れる「シルクシフォン」など、素材によって見た目の印象や肌触りが異なるので、実際に試着して確認しましょう。

30代の大人花嫁のドレス選びのポイントとは?ポイントをおさえて上手にコーディネート

30代は体型に変化が現れる時期です。
また、社会経験を積んだことで内面が充実し、にじみ出る雰囲気も20代の頃とは違ったものになります。
ここでは、30代の大人花嫁がドレスを選ぶ際におさえておきたいポイントを解説します。
 

 
自分に合ったものを着る
自分が好きなドレスを着ることは大切ですが、好きなものと似合うものは別であるということも認識しておきましょう。
自分の体型やキャラクターに合うドレスを選ぶことで個性が際立ち、花嫁がより美しく引き立ちます。
 
気になるポイントは上手に隠す
気になる体型のポイントは、ドレスのラインやデザインでカバーしましょう。
お腹周りはAラインやエンパイアラインを選ぶことでカバーできます。
腕を隠したいならレース素材の袖ありドレスかオフショルダーデザインを選びましょう。
長袖のドレスもありますが、腕を全部隠すと重たい雰囲気になるので、袖の素材は軽やかなものがおすすめです。
 
足し算ではなく、掛け算と引き算で勝負
派手なドレスにたくさんのアクセサリーの組み合わせは、ごちゃごちゃとしてしまい、落ち着きのない雰囲気になりがちです。
アクセサリーが華やかならドレスはシンプルなものを選ぶ、ドレスが華やかならアクセサリーはシンプルにするなど、掛け算と引き算でバランスを取りましょう。
 
挙式する新郎新婦
 
アクセサリーは必ずしも必須ではない
アクセサリーはあくまでも全体のバランスを取るためのアイテムです。
もともと顔立ちが華やかな人や持っている雰囲気がゴージャスな人は、アクセサリーをつけないほうがいいこともあります。
飾り立てることよりも今の自分に合うことを優先しましょう。
 
会場の雰囲気に合わせたドレスを選ぶ
どんなに素敵なドレスでも、会場の雰囲気に合わなければ、ドレスの美しさも花嫁の魅力も半減してしまいます。
ドレスを選ぶ際には、会場の雰囲気も考慮しましょう。
 
夏の結婚式
 
季節に合わせたコーディネートをする
日本には四季があり、その季節に合わせてオシャレを楽しめますよね。
結婚式でも季節を意識したコーディネートにしてみてはいかがでしょうか。
心地よい春風が吹き、たくさんの花が咲き誇る春はチュールやシフォンなどの軽やかな素材のドレスに。
カラッと晴れ間が続く夏は、思い切って背中が大胆に開いたシンプルなデザインのドレス。
紅葉が美しい秋は、タフタやサテンなど重厚感がある素材を使ったドレス。
雪がちらつく冬は、手首くらいまで袖があるロングスリーブのドレス。というように、季節に合わせたコーディネートをするのも大人花嫁のドレス選びのポイントです。

結婚式に取り入れたい!ドレスコーディネートにおすすめのアイテム

ドレスは小物によって印象が大きく変わります。
ここでは、大人花嫁ならではのおすすめアイテムを紹介します。
 
グローブを付ける花嫁
 
グローブ
花嫁のグローブは大きく分けて、手首までの長さでカジュアルなドレスにも似合うショート丈、肘から下を程よくカバーするミディアム丈、肘上までの長さがあるロング丈があります。中でもロンググローブは腕の露出をおさえ、上品な印象を与えるもっともフォーマルな丈です。腕が気になる人は、ドレスの袖で隠すのではなく、袖のないドレスにロンググローブを合わせてもいいでしょう。
 
ベール
ベールは花嫁の頭部からかけて使用する挙式を行う際の必須アイテムです。腰より下、場合によっては足元よりも長いロングベールは、花嫁の後ろ姿を豪華かつ美しく演出します。
腰あたりまでの長さのショートベールは、扱いが容易で可憐な印象になるため、人気のデザインです。
 
ロングトレーンドレス
 
トレーン
トレーンはドレスの後ろのスカートのことです。
広範囲にひきずるロングトレーンは、エレガントで格式高い印象になるのが特徴です。
特に大聖堂や大階段のある式場では、ロングトレーンが美しく映えるでしょう。
トレーンが取り外しできるデザインのドレスもあり、挙式ではトレーンをつけてフォーマルに、披露宴ではトレーンを外して動きやすく、といったアレンジが可能です。
 
ブライダルシューズ
 
ブライダルシューズ
どうせ見えないからと言って、手を抜いてしまいがちなアイテムがブライダルシューズ。
レンタル衣装店でレンタルするのも良いですが、足元をしっかり写真に残したいというならお気に入りのシューズを購入されるのがおすすめ。
30代以降の花嫁は、ハイブランドのパンプスでもさまになるでしょう。
色や形、ビジューが付いているかなど、全体的に見てドレスとバランスが合うものを選ぶと良いでしょう。
 
ボレロ
挙式と披露宴でウェディングドレスの雰囲気を変えたいと思っている方におすすめなのが、ボレロです。
ボレロはビスチェタイプのドレスを袖付きドレスに変えてくれる優秀アイテムです。
挙式はクラシカルな雰囲気にしたいなら、ドレスの上にロングスリーブのボレロを羽織り、披露宴ではボレロを脱げば最短のお色直しで雰囲気をガラッと変えられます。
ボレロにもノースリーブ、半袖、長袖、背中にくるみボタンが付いたものなど種類豊富なのでドレスに合わせてコーディネートしてみましょう。

コーディネートアイテムを彩る素材や装飾のおすすめを紹介

ドレスに合わせたアイテムは、素材が持つ特徴を生かしたものを選ぶと、よりコーディネートの完成度が高くなります。
ここでは、ドレスのアイテムに多く使用されている素材の特徴とおすすめのポイントを紹介します。
 
ビジューベルト付ドレス
 
ビジュー
キラキラと輝くビジューは大人の魅力を存分に引き出してくれます。
ドレスのトップスにビジューがあしらわれたデザインは、胸元に輝きが生まれて全体が華やかな印象になるでしょう。
 
チュール
ふんわりとした質感と軽やかな印象のチュールは、体型を自然にカバーしてくれます。
全体的にフェミニンな雰囲気になりがちなので、甘すぎないデザインを選びましょう。
 
ドライフラワー
 
ドライフラワー
ドライフラワーは昨今のトレンドアイテムです。
ブーケや会場の花をドライフラワーにすると、生花よりも落ち着いた印象になります。
ナチュラルな雰囲気のドレスなら、ヘッドドレスに取り入れてもいいでしょう。
 
レース
レースは上質な透け感を演出したいときにぴったりのアイテムです。
中でも軽やかさと高級感を併せ持つフランス製のリバーレースは、機械編みのレースの中での最高級とされています。
グローブやヘッドドレスなどに取り入れると、優雅で繊細な印象をプラスできるでしょう。

30代の大人花嫁にオススメのカラードレスは?コーディネートも合わせて紹介

見るのも楽しいカラードレスは、色が豊富だからこそ自分に合うものを選びたいですよね。
ここでは、おすすめのカラードレスとコーディネートを紹介します。
 
カラードレスを着た花嫁
 
原色カラー
赤や青、黄色など、目に鮮やかな原色カラーのドレスは目鼻立ちのはっきりした人におすすめです。ドレス自体が華やかなので、デザインはシンプルものを選ぶといいでしょう。
アクセサリーもシンプルにまとめるとドレスの華やかさが引き立ちます。
 
ネイビーやグレー系
高貴で落ち着いたネイビーやグレーの色合いは、30代の大人花嫁からとても人気があります。かなり大人っぽい雰囲気になるので、レースやビジューで華やかさをプラスするとバランスがよくなるでしょう。
 
くすみカラーのドレスを着る花嫁
 
ピンク系
一口にピンクと言っても、トーンによって与える印象は大きく異なります。
グレイッシュなピンクやサーモンピンクなど落ち着いたトーンなら甘くなりすぎることもありません。
若い花嫁のみならず、大人花嫁にも人気のカラーです。
 

くすみカラー
ドレスの主張を抑えたい人におすすめのカラーです。
アクセサリーやブーケを華やかにすると、ドレスが持つ優しい雰囲気がより引き立ちます。
人気のドライフラワーとの相性も抜群です。
複数のくすみカラーを合わせて可憐な印象に仕上げましょう。

30代だからこそのドレスコーディネートで上品な結婚式にしよう

30代の結婚式は品のよさが求められます。
ドレスのみならず、会場選びや料理、引き出物でも質が重視されることを心にとめておきましょう。
Wedding tableでは、30代の結婚式にぴったりの上質で洗練された会場と数多く提携しています。
ひとつひとつのアイテムにこだわって、上品な結婚式を実現しましょう。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

  • 新宿サロン

    〒160-0022  東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル5F
    最寄駅:JR「新宿駅」都営新宿線・東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目駅」

  • 青山サロン

    〒107-0062 南青山3-4-4カサビアンカbldg
    最寄駅:東京メトロ銀座線「外苑前駅」

  • 横浜サロン

    〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-9-10 横浜HSビル5F
    最寄駅:JR・地下鉄・私鉄各線「横浜駅」

  • 大宮サロン

    〒330-0846 埼玉県さいたま市 大宮区大門町3-88逸見ビル4F
    最寄駅:JR「大宮駅」

  • 八王子サロン

    〒192-0081 東京都八王子市横山町6-9 丸多屋ビル9F
    最寄駅:JR「八王子駅」

  • 日暮里サロン

    〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-50-5 ホテルラングウッド3F
    最寄駅:JR「日暮里駅」

  • 高崎サロン

    〒370-0827 群馬県高崎市鞘町20-1 高崎鞘町ビル4F(パーク500 5Fから直結)
    最寄駅:JR「高崎駅」

  • 新潟サロン

    〒951-8056 新潟県新潟市中央区花町2069 新潟花町ビル7F
    最寄駅:JR「新潟駅」

  • 郡山サロン

    〒963-8004 福島県郡山市中町7-19 デジプラン中町ビル3F
    最寄駅:JR「郡山駅」

  • 仙台サロン

    〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-7-17 SS.仙台ビル4F
    最寄駅:JR「仙台駅」地下鉄「勾当台公園駅」

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。