WeddingTable 式場紹介専門サロン

Columnウェディングコラム

軽井沢で結婚式!相場やお車代などの費用にまつわるギモンを徹底解説!

2021.03.26 | 挙式スタイル


日本屈指のリゾート地として知られる軽井沢は、結婚式を行う場所としても人気です。 一方、別荘が多く立ち並ぶエリアであるだけに、どのくらいの費用がかかるのか予算内に収まるか気になる人も多いのではないでしょうか。 この記事では、軽井沢での結婚式における費用について解説します。

軽井沢で挙げる結婚式!人気の理由をご紹介

軽井沢で挙げる結婚式の需要が高まっている理由を知っていますか?軽井沢にウェディングには、魅力がたっぷり詰まっていますのでその一部をご紹介します。
 
・大自然の中で開放感あふれる結婚式ができる
軽井沢の魅力として欠かせないのは、都会の喧騒を忘れてたっぷりの自然に囲まれて結婚式ができることでしょう。
浅間山などの山岳、水のせせらぎを感じる滝や湖など自然豊かな軽井沢は、国内にいながらも海外ウェディングのようなリゾート感たっぷりの優雅な結婚式が楽しめます。
夏は避暑地として知られている軽井沢は、春から夏にかけての新緑の時期が人気シーズン。
たっぷりの緑を感じられる自然体な写真が残したい方に軽井沢はぴったりです。
 
・都心から約1時間でゲストも参列しやすい
リゾート地で行う結婚式のデメリットとしては、交通費がかかる、宿泊が必要などの理由で気軽にゲストに参列してもらいにくいことです。
一方、軽井沢は東京から新幹線で約1時間で行ける近場のリゾート地なので、都心に住んでいるゲストにも気兼ねなく参加していただけるでしょう。
日帰りでも充分参列可能な距離なので、招待するゲスト層も海外や沖縄などと比べて広くなるかもしれませんね。
 
軽井沢の結婚式
 
・新婚旅行、家族旅行も兼ねた結婚式
軽井沢は国内旅行でも人気のエリアです。自然だけでなく、お買い物ができるスポット、歴史を感じられるクラシカルホテル、教会、美術館など観光スポットがたくさんあります。
軽井沢で結婚式をするなら、家族は宿泊付きにして翌日はこうした観光スポットを巡る家族旅行を楽しむのがおすすめです。
両家別々に行動しても良いですが、結婚式で両家の仲が深まったところで一緒に旅行をするとさらに楽しめそうですね。
なかなか家族が集まる機会は少ないので、せっかくならゆとりを持ったスケジュールを組んで結婚式と一緒に旅行も楽しまれてはいかがでしょうか。
 
・歴史のある教会で挙式ができる
軽井沢には、かつて多くの宣教師が滞在していたこともあり、本格的な教会がいくつもあります。
そのため、軽井沢は教会の街として知られています。そのような歴史のある教会で挙式が行える教会がいくつかあるので、教会の街で本格的な挙式を挙げたい方におすすめです。
 
軽井沢ウェディングの魅力はこちらでもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

軽井沢ウェディング

軽井沢での結婚式!費用相場はどれぐらい?

軽井沢での結婚式の費用相場は、挙式と披露宴を行う場合で200~350万円です。
中でも200~250万円の費用がかかったと回答したカップルが多く、費用相場としては全国的な平均値と大きな違いはないと考えていいでしょう。
ゲストの人数別に見ると、20~30人では130万円ほど、70~80人では300万円ほどが平均的な金額です。
 
また、挙式のみでは10~20万円になるケースが多く、特段に高いわけではありません。
一方、旅行を兼ねて行く場合は旅費がプラスされるため、かかる費用が相場よりも多くなる傾向があります。
また、ゲストのお車代や宿泊費を負担する場合は、その費用も考慮してプランを立てましょう。

ゲストのお車代や宿泊費はどうする?

遠方から軽井沢へ行って結婚式を行うケースでは、ゲストのお車代や宿泊費を検討する必要があります。
これらの費用は、招待する側として自分たちが負担するというカップルが多いのが実情です。金額としては、都内から新幹線で来る場合で10,000円、車の場合でも移動にかかる時間や運転の労力も考慮して同様の金額にする人が多いようです。
 
挙式の時間帯によっては、ゲストの宿泊が必要なこともあります。
宿泊費はシーズンによって金額が異なり、観光シーズンは1泊20,000円が目安です。
オフシーズンでは1泊15,000円ほどに収まることもあります。
基本的には現金をゲストに渡すのではなく、ホテルへ直接支払う方法をとるといいでしょう。
 
悩む女性
 
ゲストにとって、もっとも好ましいのはお車代と宿泊費の両方を新郎新婦が負担してくれることです。しかし、事情によっては難しいこともあるでしょう。
その場合は、いずれか一方を負担するだけでもゲストの心証がよくなります。
 
また、ご祝儀をいただかずに交通費と宿泊費をゲストに負担してもらうのもひとつの方法です。
しかし「ご祝儀はいただかない」と言っても、気を遣ってお祝いを包んでくるゲストもいるうえ、ご祝儀がないことが結果として多額の出費につながる可能性もあります。
予算はもちろんですが、招待するゲストの特性も考えて検討しましょう。

軽井沢での結婚式費用をリーズナブルにするにはどんな方法がある?

結婚式そのものの費用は平均的でも、ゲストのお車代や宿泊費を負担するとなれば費用が予算を超えてしまう可能性も否めません。
ここでは、軽井沢での結婚式をリーズナブルに実現する方法について解説します。
 
手をつないで歩く新郎新婦
 
・ふたりだけの結婚式にする
ゲストを呼ばずにふたりだけで結婚式をすれば、披露宴にかかる費用とゲストのお車代や宿泊費はかかりません。
費用総額をおさえるにはもっとも有効な方法です。
一方、ご祝儀は見込めないため、ふたりの費用負担の割合が100%になる点には注意が必要です。
 
・家族親族のみにする
仕事関係の人や友人を招待せずに、親族のみで披露宴や会食を行う方法もあります。
ふたりだけで結婚式をする場合とは異なり、親族からのご祝儀も見込めるので、結果として費用がおさえられることも多いでしょう。
 
・挙式のみにする
ゲストを招待して挙式のみを行うのもひとつの方法です。披露宴の費用がかからず、時間帯を選べばゲストも宿泊なしで参加できます。一方、ゲストはこの形式に不慣れなことが多いので、ご祝儀をいただくか否かを明確に伝えることが重要です。ご祝儀をいただく場合は、お返しも必要になるでしょう。
 
結婚式の披露宴会場
 
・観光シーズンを外す
お得に結婚式を行いたいのなら、観光シーズンを外しましょう。
軽井沢はリゾート地であり、オンシーズンとオフシーズンの価格変動が大きいという特徴があります。
観光客でにぎわうシーズンを外せば、同じ内容でも安く結婚式を実現できるでしょう。
 
・キャンペーン期間を利用する
期間限定のキャンペーンを利用すれば、通常の申し込みよりも費用が安くなることがあります。
気になっている会場がキャンペーンをやっているかどうか、キャンペーンの内容はどんなものかを確認して納得できるものであれば、利用を検討してみましょう。

軽井沢で結婚式を挙げる際におさえておきたいポイント

軽井沢での結婚式はリゾート地ならではの注意点もあります。
ここでは、予約やプランを立てる際に気をつけておきたいポイントを解説します。
 
メモセット
 
・会場の予約は早めにすること
軽井沢での結婚式はとても人気があります。
特に、春や秋のオンシーズンは早い段階から予約が入るため、いざ予約しようと思ったときには希望の日が埋まっているということも少なくありません。
オフシーズンでも日柄や祝祭日の並びによっては希望どおりの日取りが難しいこともあるので、できるだけ早めに予約しましょう。
 
・滞在は1~2泊がおすすめ
東京から軽井沢までは新幹線で1時間ほどですが、日帰りでは軽井沢での時間をゆっくりと楽しむのは難しいでしょう。
結婚式の前泊か後泊、もしくは結婚式当日を挟んで2泊で滞在すると、余裕のあるスケジュールになります。
土曜日に結婚式、日曜日は観光に充てるというスケジュールを組まれる方が多くいらっしゃいます。
 
軽井沢の結婚式
 
・結婚式を挙げるシーズンをよく考える
避暑地としても有名な軽井沢の気温は東京よりも低い日が多く、冬も例外ではありません。
オフシーズンで結婚式の費用は安い傾向にありますが、軽井沢の冬はとても寒いことも留意しておきましょう。
また、軽井沢の自然は、都内の見頃と時期が少しずれるという特徴があります。
春の訪れは都内より1ヶ月遅いともいわれているので、軽井沢のきれいな緑を求めている場合は時期を十分に考慮しましょう。
 
・現地以外で打ち合わせが出来る会場を選ぶ
結婚式までには数回の打ち合わせが必要です。
しかし、打ち合わせのたびに軽井沢まで足を運ぶのは難しいというカップルも多いでしょう。会場によっては現地以外での打ち合わせに対応しているケースもあります。
会場を選ぶ際には、メールや電話等の打ち合わせが可能か、他に打ち合わせ方法があるのかを確認しておくと安心です。
 
・ゲストのアクセス方法を把握しておく
お車代は必ずしも相場の金額を包めばいいというわけではありません。
距離や時間に見合った金額を包む必要があります。あらかじめアクセス方法を確認しておけば、現金を包む以外にもチケットを手配するなど状況に応じた対応も可能です。
招待状に同封する返信葉書にアクセス方法を記入する欄を設けるなど、工夫しましょう。
 
ゲストへのお礼
 
・ゲストへの手土産にこだわる
せっかく軽井沢で結婚式をするのなら、ゲストへの手土産にもこだわりましょう。
ウェディング専用のギフトにこだわらず、軽井沢の特産品を引き出物にするのもひとつの方法です。
「何を贈ったらゲストが喜んでくれるか」を指標に考えると、手土産も選びやすくなります。

季節によって変化する軽井沢ウェディング!時期によっての違いは?

自然たっぷりの軽井沢ウェディングですが、時期によっての違いやおすすめポイントをご紹介します。
・春の軽井沢ウェディング
春は軽井沢で結婚式を挙げる1番人気のシーズンです。
軽井沢は春の訪れが都心より約1ヶ月くらい遅いので、緑いっぱいの新緑をイメージされているのであれば5月以降がおすすめです。
4月だとまだ肌寒く、緑も芽吹き始めた頃です。イメージと違うとならないように、現地の環境を熟知したスタッフに相談しながら結婚式の時期を決めましょう。
人気シーズンなので、結婚式にかかる費用はやや高くなることを見込んでおきましょう。
 
夏の軽井沢
 
・夏の軽井沢ウェディング
避暑地として人気の軽井沢は、夏も結婚式を挙げるカップルは少なくありません。
この時期は、緑も美しく軽井沢らしいナチュラルな雰囲気の写真が撮れるでしょう。
ただし、避暑地を求めて別荘やホテルに来ている人たちで街に活気があふれるシーズンです。
土日祝日は、観光客でごった返し道路も混雑することが多いので、結婚式場に辿り着かないというハプニングも考えられます。夏休みの時期とずらして日程を組む、軽井沢に前日入りするなどの工夫が必要です。
 
・秋の軽井沢ウェディング
木々が緑から紅葉に色づいてくる秋も、過ごしやすい気候なので人気です。
紅葉の時期を狙うなら、10月~11月がおすすめ!
肌寒くなってきますので、夕方より昼間の結婚式にされると良いでしょう。
紅葉シーズンも観光客が増えますので、周辺ホテルの空きがあるか確認しておきましょう。
 
・冬の軽井沢ウェディング
新緑や紅葉にこだわらないのであれば、冬はお得なプランが多くなるので狙い目の時期です。
雪化粧をした浅間山を望みながらの結婚式は風情があって素敵です。雪が降ることもあり、とても寒いので防寒対策は必須ですよ。
混雑していない時期にリーズナブルな結婚式がしたいという方におすすめです。

軽井沢で結婚式を挙げよう!Wedding table提携会場5選

ここからは、Wedding tableが提携している軽井沢の会場を紹介します。
おすすめのポイントも併せて見ていきましょう。
 
有明邸の結婚式
 
軽井沢倶楽部 有明邸
バスルーム付きの広いブライズルーム、1日1組の完全貸し切り、ふたりで考えるエピソードメニューなど、軽井沢ならではの贅沢を実感できる会場です。
パーティー後の二次会にも対応しているので、ゲストと特別な1日をゆっくりと楽しみましょう。
 
軽井沢エレガンスのチャペル
 
ホテル軽井沢エレガンス
ケーキやスイーツにこだわりたいおふたりには、社長みずからがパティシエを務めるこの会場がおすすめです。
遠隔での打ち合わせも可能で、旅行を兼ねた結婚式にも対応しています。
まずは、会場見学や試食もできて宿泊無料のフェアで体験してみましょう。
 
ホテルハーヴェスト軽井沢の披露宴会場
 
ホテルハーヴェスト旧軽井沢
ホテルならではの安心感はそのままに、宿泊と結婚式のエントランスを分けることで貸し切り空間での結婚式が可能です。
馬に乗っての入場など、他の会場では難しい演出ができるのも魅力的。
結婚式の前後は新郎新婦限定の贅沢なお部屋で軽井沢の滞在を楽しみましょう。
 
ホテル音羽ノ羽のチャペル
 
旧軽井沢ホテル音羽ノ森
正式なロイヤルウェディングを希望するふたりには、この会場がおすすめです。
ステンドグラスが輝く旧軽井沢礼拝堂での挙式、五感を満たすこだわりの料理など、本格派にうれしいホームスタイルの結婚式が叶います。
ふたりの別荘にゲストを招くイメージで、オリジナルの結婚式を実現しましょう。
 
アネーリ軽井沢のチャペル
 
アネーリ軽井沢
木々に囲まれた独立型チャペルで、軽井沢ならではの緑を感じながら結婚式が挙げられます。軽井沢の食材をふんだんに使ったこだわりの料理は、グルメなゲストも満足のおいしさです。デザインの異なる6つのスイートルームで、ゆっくりと軽井沢の時間を満喫しましょう。

軽井沢でお得に結婚式を挙げよう

四季折々の表情を見せてくれる軽井沢での結婚式は、ゲストが喜ぶ要素がたくさんあります。
費用面が心配でも、工夫次第でお得に結婚式を挙げることも可能です。
Wedding tableでは、数多くの軽井沢の結婚式場と提携しています。
お得なプランを用意している会場も多いので、まずは相談してみましょう。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

  • 新宿サロン

    〒160-0022  東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル5F
    最寄駅:JR「新宿駅」都営新宿線・東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目駅」

  • 青山サロン

    〒107-0062 南青山3-4-4カサビアンカbldg
    最寄駅:東京メトロ銀座線「外苑前駅」

  • 横浜サロン

    〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-9-10 横浜HSビル5F
    最寄駅:JR・地下鉄・私鉄各線「横浜駅」

  • 大宮サロン

    〒330-0846 埼玉県さいたま市 大宮区大門町3-88逸見ビル4F
    最寄駅:JR「大宮駅」

  • 八王子サロン

    〒192-0081 東京都八王子市横山町6-9 丸多屋ビル9F
    最寄駅:JR「八王子駅」

  • 日暮里サロン

    〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-50-5 ホテルラングウッド3F
    最寄駅:JR「日暮里駅」

  • 高崎サロン

    〒370-0827 群馬県高崎市鞘町20-1 高崎鞘町ビル4F(パーク500 5Fから直結)
    最寄駅:JR「高崎駅」

  • 新潟サロン

    〒951-8056 新潟県新潟市中央区花町2069 新潟花町ビル7F
    最寄駅:JR「新潟駅」

  • 郡山サロン

    〒963-8004 福島県郡山市中町7-19 デジプラン中町ビル3F
    最寄駅:JR「郡山駅」

  • 仙台サロン

    〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-7-17 SS.仙台ビル4F
    最寄駅:JR「仙台駅」地下鉄「勾当台公園駅」

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。