WeddingTable 式場紹介専門サロン

Columnウェディングコラム

結婚式を挙げることに乗り気じゃない、新郎の不安はこれ?

2021.01.09 | 豆知識・費用・相場


結婚式を挙げることに不安があり、開催することや準備に乗り気ではない新郎さんも多いはずです。 そのような新郎さんが無理せずに結婚式を挙げるにはどうしたらよいのか、新婦さんが妊娠中に挙げるマタニティウェディングの場合のお話も交えて、いくつか例に挙げてこの記事ではご紹介していきます。

結婚式にかかる費用が高く、工面できるかどうか

急に結婚式をすることになったので蓄えが少なくて困っている、打ち合わせを進めてくうちに思っていた以上に結婚式費用が膨らんできたなど、結婚式の費用に関するお悩みは様々です。
どのくらいの規模感でどこにこだわりを持って行うかなどは人それぞれなので、実際の結婚式にかかる費用はご自身がその立場になってみてようやく現実的な費用に直面することが多いでしょう。
そうした場面で、予想していた金額よりも大幅に上がってしまった時にそのギャップでご新郎さんの不安も大きくなる可能性があります。
 
金銭面で不安を抱えているご新郎さんには、費用面でのギャップを抑えることが大切です。
70~80名規模の結婚式では、400万円前後が相場ですがこの費用全てをお2人の貯金から捻出する必要はありません。
 
ゲストからはご祝儀をいただけますし、結婚式費用をカード精算できる会場やご祝儀をいただいてから後払いできる会場もあります。
また結婚式は必要最低限のアイテムが揃っていれば滞りなく執り行うことができます。
あれもこれもとオプションを追加することによって、費用がどんどん追加されるのでお2人にとって本当に必要な項目はどれなのか事前に話し合っておくことでスムーズな打ち合わせができますよ。
 
挙式+披露宴が定番ではあるもの、最近ではお2人だけの結婚式、親族を中心とした少人数結婚式、フォトウェディング、会費制パーティーなど結婚式のスタイルは様々です。
場合によっては、通常の結婚式スタイルよりも費用を安く抑えられることがありますので、お2人の希望に合ったスタイルを検討してみるのも良いでしょう。
 

 
授かり婚の場合、自分が予想していなかったタイミングで結婚式を挙げるか考えることになります。大きなお金が動くイベントですから、動揺されたとしても無理はありません。
 
結婚式の30%はマタニティ婚であることから、ここ近年は比較的お手頃なマタニティ婚専用プランが次々と提案されています。
カウンターで相談してみたら、予想していたほど挙式費用は高くなかったとおっしゃる方も。

また、一生にまたとない機会だからこそ、親御さんに援助してもらうという手もあります。
 
「挙式、披露宴・披露パーティ費用に対する親・親族からの援助があった人は72.6%」リクルートブライダル総研(2017)「マーケットを読む・調査データ〜夫婦・家族〜」http://bridal-souken.net/research_news/trend.html 
 
というデータもあり、幾つになっても自分の子は可愛いものですから、ご両親も挙式に関して協力的であることが多いです。

準備が間に合うかどうか

慎重な方ほど、準備期間がない中で結婚式を行うことに、戸惑われます。しかし、裏を返せば、結婚式をしたくないからという理由とは限りません。
招待する方に日頃の礼を尽くせるか、一生に一度のことなのでイベントとして成功させられるか、新婦に満足してもらえるような式にできるだろうか、という責任感の表れでもあります。
 
マタニティウェディングであれば、妊娠中~出産までの期間が限られているため、結婚式準備も通常の結婚式と比べるとタイとスケジュールになりがちです。
しかし、Wedding tableでは、最短4週間で式を挙げるプランのご紹介などを行なっていますので、時間がないという方でもご安心ください。直近ウェディング向けに必要なものが全て入った、パッケージプランならば1~2回の打ち合わせで当日を迎えられます。
 
結婚式のチェックリスト
 
挙式日まで準備期間が短い場合は、出欠を招待状の郵送から電話・メールに変更したり、家族や幹事役の方に取りまとめてもらうなど、いろんな方の手を借りて協力して準備を進めましょう。
結婚式の費用削減ばかりを考えて、DIYするアイテム数を増やすとさらに準備の手間がかかってしまいます。結婚式のアイテムにはそれぞれプロがいるので、多少費用をかけてもプロに頼むのもおすすめです。

結婚式のゲストに誰を呼ぶのか

仕事の立場上、結婚式には会社の人を呼んでけじめをつけたいという考えは女性より男性の方が多いです。
今でこそ、時代の変化とともに意識は変化しているものの『男性は結婚して初めて一人前と認められる』とお考えの方も。
職場の方たちに、結婚の報告はしたいけど先輩や上司に見られるのが恥ずかしい、プレッシャーを感じてしまうというご新郎さんは無理に会社関係のゲストを呼ぶ必要はありません。
 
結婚式を挙げることは「二人で時間や労力をかけて一つのことに取り組んだ」という思い出を作ることができ、お互いの親族や友人を知ってもらう絶好の機会です。
また、親族だけでまずは信頼関係を築きたいとお考えならば、親類だけの披露パーティという方法もあります。
 
結婚式でスピーチをする男性
 
会社関係者や仲の良い友人など結婚式に参列してほしかったけど、やむなく招待できなかった場合は、後日改めて結婚の報告をしましょう。
結婚式の写真を使ったメッセージカードを送ったり、お2人主催の食事会を開くなど自分たちに合った方法で結婚の報告と感謝の気持ちを伝えられるといいですね。

突然の結婚に戸惑っている親族がいる

先ほども例に挙げた「挙式、披露宴・披露パーティ費用に対する親・親族からの援助があった人は72.6%」リクルートブライダル総研(2017)

「マーケットを読む・調査データ〜夫婦・家族〜」http://bridal-souken.net/research_news/trend.html 

というデータで結婚や結婚式に協力的な親族が見受けられる中、お二人の結婚に戸惑いを隠せない方がいらっしゃることもあります。

 

新郎新婦がどちらかが若すぎる、再婚であるなど、ご本人たち以上にご両親が世間体などを気にしていることも。マタニティウェディングの場合はご両親へ相手を紹介する前に、妊娠の報告が先になってしまって、気持ちの整理がつかないという方も。

 

だからといって、結婚式をしない(ナシ婚)という選択だけが、悩みや心配事の解決方法とは限りません。

結婚式を挙げると決めたことで、ご両親や親族の方に向き合う場面が出てきます。式中に行うことについての相談や、式の前後、または今後のことについて何らかのお願いをすることになるでしょう。

 

結婚式を行うことは、周りの方の気持ちを知り、これからのお二人とご家族との関係を築くためのチャンスでもあります。

 
パートナーだけでなく、親族はこれからの人生でも関わる機会があることでしょう。
最初は結婚が認められなくともお2人の誠意が伝われば、理解してくれる方もいらっしゃるはずです。
結婚式に参列してもらえなくても、結婚式を行った報告やご挨拶に伺ってみてはいかがでしょうか。

結婚式に乗り気ではない新郎に結婚式をすすめる方法とは?

結婚式に消極的なご新郎さんが抱える代表的な不安要素とその解決方法をご紹介してきました。
では、乗り気ではないご新郎さんに結婚式をしてもらう方法はどのようなものがあるのでしょうか。
 
・結婚式をすることの意味を伝える
結婚式をすることで、「夫婦のけじめをつけるきっかけになった」、「両家の親族との関係性が築けた」、「パートナーとのきずなが深まった」、「両親への感謝が伝えられた」、マタニティ婚であれば「親になる心構えができた」など様々なメリットがあるとされています。
このような結婚式を挙げることの魅力を伝えてみてはいかがでしょうか。
 
結婚して数年経ってしまうと、子供が生まれたり仕事が忙しくなったりなど、ライフスタイルが変化して結婚式への意識が薄れてくる可能性があります。
後悔しないように結婚式と真剣に向き合ってみようと促すのも一つの手でしょう。
 
テーブルコーディネート
 
・結婚式場の見学をしてみる
結婚式のイメージが湧いていないご新郎さんには、結婚式場が開催しているブライダルフェアに参加して実際に見学してもらうのも手段の一つです。
非現実的な会場に、どこへ行ってもお2人を祝福する声に特別な感情を感じていただけると思います。
 
結婚式のお料理の試食や婚礼衣装の試着体験が付いているフェアを選ぶと、よりリアルに結婚式の雰囲気を感じていただけることでしょう。
結婚式は楽しくて素敵なイベントだと感じてもらうことが大切です。
 
・家族や友人に後押ししてもらう
結婚式をやりたくないと言っているご新郎の気持ちを無視して、無理やり行うのはよくありませんが、あと一歩の後押しで気が変わりそうというときは、家族や友人などの協力を得るのも良いでしょう。
結婚式を経験したことのある両親や友人と会う機会を作り、実際の体験談を聞いたり写真を見せてもらったりすることでご新郎の気持ちが変わる可能性もありますね。

さいごに

結婚式を挙げるということは、公に「二人が結婚する」と宣言することです。

だからこそ、社会的信用も得られますし、何より新郎新婦が力を合わせて準備することで、絆が深まります。
新郎様の男性ならではのお気持ちに寄り添い、お二人で力を合わせて不安を解消していくことが、より良い結婚生活につながるものと思います。

 

ご不安の解消に、一度カウンターまでご相談ください。

お客様に合ったプランをご提案させていただきます。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

  • 新宿サロン

    〒160-0022  東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル5F
    最寄駅:JR「新宿駅」都営新宿線・東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目駅」

  • 青山サロン

    〒107-0062 南青山3-4-4カサビアンカbldg
    最寄駅:東京メトロ銀座線「外苑前駅」

  • 横浜サロン

    〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-9-10 横浜HSビル5F
    最寄駅:JR・地下鉄・私鉄各線「横浜駅」

  • 大宮サロン

    〒330-0846 埼玉県さいたま市 大宮区大門町3-88逸見ビル4F
    最寄駅:JR「大宮駅」

  • 八王子サロン

    〒192-0081 東京都八王子市横山町6-9 丸多屋ビル9F
    最寄駅:JR「八王子駅」

  • 日暮里サロン

    〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-50-5 ホテルラングウッド3F
    最寄駅:JR「日暮里駅」

  • 高崎サロン

    〒370-0827 群馬県高崎市鞘町20-1 高崎鞘町ビル4F(パーク500 5Fから直結)
    最寄駅:JR「高崎駅」

  • 新潟サロン

    〒951-8056 新潟県新潟市中央区花町2069 新潟花町ビル7F
    最寄駅:JR「新潟駅」

  • 郡山サロン

    〒963-8004 福島県郡山市中町7-19 デジプラン中町ビル3F
    最寄駅:JR「郡山駅」

  • 仙台サロン

    〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-7-17 SS.仙台ビル4F
    最寄駅:JR「仙台駅」地下鉄「勾当台公園駅」

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。