WeddingTable

Columnウェディングコラム

結婚式までに会場と打ち合わせをする内容とは?スケジュールもあわせてご紹介!

2020.08.27 | はじめての方へ


結婚式場が決まったら、結婚式当日までプランナーや関わるスタッフとの打ち合わせを進めて二人の結婚式をつくっていきます。 会場との打ち合わせは、回数が限られているのでその場で決定できるように事前に二人で内容を決めておくとスムーズです。 それでは、結婚式の何か月前から準備が始まるのか、結婚式までの全体のスケジュールを確認していきましょう! ここでは、結婚式準備が始まることが多い結婚式の6ヶ月前からの準備についてご紹介します。

結婚式の約6~5ヶ月前の準備は?

1年先の結婚式の日程を押さえる方もいますが、実際に結婚式準備が本格スタートするのは半年~3ヶ月前とされています。
まずは、結婚式に呼びたいゲストの予定を確保しておくことが大切です。
そのため、招待状の発送を始めに行います。
 
会場を決定する際に、大体の呼びたい人数は決まっていたかと思いますが、招待状発送までにより具体的な招待人数、ゲストの顔ぶれを決めておきます。
招待するゲストの住所も確認しておく必要がありますね。
ゲストの住所が分からないと招待状を発送できないので、この作業は招待が決まった時点で早めに進めておくことが大切です。
 
ドレスのアップ写真
 
この時期に進めておきたいことの2つ目が衣裳選びです。
衣裳選びは、レンタルするのか購入するのか、フルオーダーで自分だけの衣裳を作るのかというところから選択が必要です。
結婚式で時間がかかる準備の一つとして、衣裳選びがあります。
結婚式直前に衣裳選びをスタートすると、気に入ったドレスがあっても結婚式当日に空いていなくて予約できなかった、オーダーしようと思っていても時間がなくて作れなかった…なんてことになりかねません。
気に入った衣裳に出会うまで時間がかかる方が多いので、衣裳選びは時間に余裕をもって準備に取り掛かりましょう。

結婚式の約4~3ヶ月前の準備は?

結婚式の4~3ヶ月前からは、いよいよ結婚式の内容について打ち合わせを進めていきます。
数ある料理やドリンクメニューから、どれを振る舞うか、またはオリジナルメニューを作るのかなどを決めていきます。
披露宴中に提供される料理やドリンクの他に、待ち時間やプレパーティーで提供するウェルカムドリンク、ウェルカムフードはどうするかも決めていきます。
食事や飲み物は必ずかかってくる費用、そしてゲストも楽しみにしている項目ですので、ある程度の予算を決めて、どうしたらゲストに満足してもらえるかという部分を大切にして決めていきましょう。
 
ブーケを持った花嫁
 
会場の装飾、各種アイテムについても決めていきます。
挙式や披露宴会場の装花はどうするか、高砂やテーブル装花のほかにも、司会台、ウェディングケーキ台やケーキ用ナイフなどにもお花が使われています。
装花によって、会場のイメージが大きく変わってきますので、全体のバランスを考えて決めていきたいですね。
これに合わせて、ブーケについても検討します。
挙式で持つブーケと披露宴中やお色直し後は違うブーケにするのか、またたくさんの種類の中からどんなブーケにされるのかも、悩んでしまいます。
雑誌やHP、SNSなどで情報を集め、打ち合わせの時はどのようなイメージにしたいか伝えられるようにしておきましょう。
 
テーブルコーディネート
 
テーブルコーディネートはどうするか、ウェルカムアイテムはどのように置くか、映像演出はどうするか、そのような会場に関する大きな項目を決めていきます。
打ち合わせを進めていく中で、イメージすることができなかったということにならないように式場探しの段階で結婚式に譲れないポイントは決めておき、それが叶う式場に決定しましょう。

結婚式の約2~1ヶ月前の準備は?

結婚式が近づいてくると、決めることも増え忙しくなってくるかもしれませんね。
あらかじめ、全体のスケジュールをイメージして余裕をもって準備をすることで、結婚式直前に大忙しで慌てるということを防ぐことができます。
 
この期間には、結婚式に関する具体的な演出、細かいアイテムに関して打ち合わせを進めます。
プログラムや演出、どのような流れで結婚式を進めていくのかを決めていきます。
希望の演出がたくさんあった場合、すべて詰め込むことが難しいこともありますので、希望の演出の中でも順位を決めておくことが後悔しない結婚式つくりには大切な要素です。
 
ケーキ入刀シーン
 
演出を行う際に一緒に流すBGMはどうするかも決めていきます。著作権の問題もありますので、慎重に決めていきましょう。
ゲストの名前が書かれた席札や食事の内容が書かれたメニュー表といった式中に使うペーパーアイテムや引出物、プチギフトといった贈り物についてもこの時期に決定します。
 
招待状の返信も届き、参列ゲストの顔ぶれが分かる時期ですので、ゲストの年齢層や好きなものなどを考慮してギフトを選ぶと良いですね。
平行して進めてきた衣裳合わせも終盤です。
衣裳が決まったら、ヘアメイクについてもどのようなスタイルにするか決めておきます。
本番前に、実際にヘアメイクリハーサルをする方がほとんどですので、細かい打ち合わせはここで行います。

Wedding tableより一言

結婚式の半年前から準備をスタートさせた際の参考スケジュールをご紹介しました。
個人差はありますが、大体このような流れで打ち合わせのスケジュールは組まれますので、ぜひご参考にしてみてください。
手作りアイテムや演出など、やりたいことを詰め込みすぎてしまうと結婚式間際で終わっていない…ということになりがちですので、スケジュールには余裕をもって行動してくださいね。
結婚式場探しは、Wedding tableでサポートいたします!

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。