WeddingTable

Columnウェディングコラム

婚約指輪と結婚指輪の違いを教えて!指輪に関するお悩みポイントまとめ

2020.01.24 | アイテム

婚約指輪、結婚指輪、エンゲージリング、マリッジリング…結婚してから購入する指輪にはそれぞれ名前がついていますが、どれがどの指輪のことだか分からない…そんな方も多いのではないでしょうか?
また、指輪を購入する時期や購入後のお手入れなど指輪に関するお悩みことについてご紹介します。

1 婚約指輪(エンゲージリング)とは?

婚約指輪は、エンゲージリングとも呼ばれる指輪で、男性から女性へ婚約の証として贈られるものです。
プロポーズをイメージするときに、思い浮かぶのが指輪の入った箱を開けるシーンが印象的ですね。
そのようにプロポーズの前に事前に指輪を購入しておくのも良いですし、プロポーズ後に二人で婚約指輪を選びに行くスタイルをとるカップルも多くいます。

また、指輪の箱を開ける形だけは行いたいけど、指輪は彼女に好きなものを選んでほしいという方は、プロポーズ用の指輪を指輪屋さんが貸してくれるサービスを利用する、婚約指輪に使うダイヤモンドだけを先に贈るといった方法もとれます。
婚約指輪の相場は、30万円前後が多いそうです。高価な買い物ですので、サイズが不安、彼女の好みがわからないという方は、プロポーズ後に一緒に選びに行かれてはいかがでしょうか。

婚約指輪は、ダイヤモンドや誕生石などの宝石をあしらった豪華なものが多く、お祝い事などの改まった場でしか付ける機会がないと考えの方も多いようです。
婚約指輪は、普段から身に着けていて良いものです。せっかく購入したのに、タンスの肥やしになってしまったとならないようにデートの際に身に着けてみてはいかがでしょうか。
また、必ず婚約指輪を買う必要はありません。婚約指輪は普段使いしないから買わずにその分結婚式やハネムーンの費用にしたり、婚約指輪は買わないけど結婚後何年か経ったらバウリニューアルの記念として指輪やアクセサリーを贈るという選択をするカップルも増えてきています。

2 結婚指輪(マリッジリング)とは?

結婚指輪は、マリッジリングとも呼ばれます。結婚という二人の未来を歩んでいく証となるのが、結婚指輪です。
なぜ、左手の薬指につけるのかというと左手の薬指は人間の心を表す心臓とつながっている神聖な場所だから、左手の薬指には永遠の愛という意味が込められているといった様々な理由があります。

結婚指輪は、新郎新婦ペアでつけることが基本となっていますので、二人で選びに行かれるカップルが多いようです。
日常的に身に付けるものですので、婚約指輪ほど大きな宝石があしらわれていないもの、プラチナやゴールドなどの一種類の金属でできたシンプルなものといった日常生活に支障がないものを選ばれる方が多いです。
また、結婚指輪には二人の結婚の証として、指輪の裏面に名前やイニシャル、結婚記念日や付き合った日の日付などを刻むことができます。
最近では、結婚指輪を二人で手作りできる工房も増えてきています。
指輪を作るところから、思い出に残したい、世界に一つだけの指輪を作りたいといったニーズから人気になってきています。

結婚指輪は、ペアでつけるのが基本とご紹介しましたが、お仕事の関係でつけられない、指輪はつけたくない、金属アレルギーでつけられないなどといった場合に、一人だけ購入することも可能です。
結婚したからといって、必ず二人が結婚指輪をつけなくてはならないということはありませんので、指輪を購入しない選択肢もあると考えてください。
また、ペアリングだからといって、同じブランド、同じデザイン、同じ素材とすべて同じにこだわる必要は全くありません。
二人が納得して、結婚指輪だとすれば違うブランドで購入しても、違うデザインにしても問題ありません。
二人がそれぞれ納得できる指輪に出会えると良いですね。

3 結婚指輪はいつ頃買うべき?購入時期を教えます

結婚指輪をつけ始める時期は、人それぞれです。入籍はしているけど、結婚式で指輪交換をしてからつける方、結婚式前につける方、結婚式はしない予定なので入籍と同時につける方などつけるタイミングは自由です。
夫婦になった証ですので、二人が夫婦として歩んでいく気持ちがあるのであれば、いつからつけても良いのではないでしょうか。

では、結婚式のタイミングに合わせて結婚指輪をそろえたいと考えている方は、いつ頃から準備したら良いのでしょうか?
結婚式の3~6ヶ月前には準備すると良いとされています。
結婚指輪は、既製品に刻印だけするものの他にフルオーダー、セミオーダーをすることもでき、それぞれ完成予定時期が変わってきます。

完成まで一番時間がかからないものは、既製品に刻印だけするもの、次いでセミオーダー、フルオーダーの順になってきます。
既製品の場合、店舗にサイズがあれば刻印をし、手元に届くのも最短で1週間ほどですが、海外のブランドであったりサイズのお直しが入ると1ヶ月は余裕を持っておくと良いでしょう。
完成された指輪のデザインそのものが好き、結婚式まで時間もないし早く手元に届く指輪が良いという理由で、既製品を選ばれる方が多いようです。

セミオーダーの指輪とは、デザインや使う宝石がいくつかパターンに分かれていて、その中から好きな種類を組み合わせて作るものです。
完成までに、平均で1ヶ月前後かかります。二人で好きなデザインを選びたい、オリジナルの指輪を作りたいけどデザインは自信がないからプロにお任せしたい、フルオーダーより価格を抑えたいといった方から人気があります。

フルオーダーは、決まったデザインはないところから、指輪のデザイン、使う宝石の種類などを二人のご希望に合わせて1から作っていくスタイルの指輪です。
世界で一つだけの特別な指輪を作りたい、自分たち好みの指輪を作りたい方におすすめです。
フルオーダー指輪の製作時間は、最低でも3ヵ月と言われています。

指輪にはこだわりたいけど、結婚式まで指輪が届かないかもしれない…という方は、結婚式場やジュエリーショップに結婚式に指輪をレンタルできるかどうか確認しておきましょう。
指輪にこだわりたい方は、レンタルするか指輪交換セレモニーを行わないという手段がありますよ。
また、マタニティの花嫁さんは手がむくみやすいので、出産後に指輪を購入するという選択も考えておくと良いでしょう。

4 妊婦は週数によって体調の変化は大きく異なる

妊娠をきっかけに入籍をし、結婚式までにやっておくべきことが沢山ある中で、意外と知られていない指輪を購入する最適な時期をここでは、ご紹介いたします。

今の妊娠週数と結婚式当日の週数では、お腹の大きさはもちろん体調面も大きく異なります。
初期と言われているのが4週~15週、中期は16週~27週、後期は28週~となります。
妊婦さんが結婚式を一番多く挙げているのは中期になります。

安定期に入るのでつわりなどのトラブルが収まってくる時期です。
ただし、貧血になりやすかったり、全身むくみやすくもなりますので、結婚式当日も油断ができません。
体調が良好であっても、結婚式1週間前に入院しなければいけなくなった…なんて事例もあります。そんな急なキャンセルにも対応できる結婚式総合保険がございます。マタニティさんでも加入できる結婚式専門の保険は、Wedding tableでもご加入いただけます。会場選びからドレス選び、保険のご加入まで一度にスムーズに行えるのはWedding tableだけ!

5 マタニティウェディングの場合、指輪購入時期のおすすめは?

ちょうど結婚式の多い妊娠6か月(20週)~7か月(27週)の間に指輪を購入される時期としてはおすすめです。
ただし、20週以降はお腹もせり出してきて、24週以降は後期つわりに悩まされる方も。
足や手のむくみもひどくなる妊婦さんもいらっしゃいます。

そんな体調の変化がありますので、早くても20週目以降、一番のおすすめは24週目あたりです。
人によって程度は異なりますが、当日サイズが合わず入らなかった!
なんてことにも、なりかねません。

結婚式まで無理して指輪を購入する必要はございませんので、結婚式の指輪交換のセレモニーは無くす、レンタルの指輪で代用するなど対応方法も検討しておきましょう。妊娠中はどうしても指がむくみやすいもの。指輪を購入するのであれば、産後に指輪のサイズ直しが行えるお店を選ぶと良いでしょう。ジュエリーショップによっては、サイズ直しの回数の制限があったり、デザインや素材によってはお直しができないものもありますのでアフターケアは事前に確認しておきたい重要なポイントです。出産に関わらず、これからの長い人生において何かあった時にアフターケアが充実しているお店は信頼できますね。

6 マタニティ花嫁さんには、ベビーリングのセット購入がおすすめ!

ベビーリングという言葉を聞いたことはありますか?ヨーロッパの言い伝えで、「銀のスプーンをくわえて生まれてきた赤ちゃんは幸せになれる」という言葉があります。この言葉をもとに、銀のスプーンを出産祝いで贈る風習が次第にシルバーのリングを贈ることに変化していったものがベビーリングと言われています。赤ちゃんの指のサイズの指輪は、とても小さくて見ているだけでかわいいですね。
ベビーリングは、両親から赤ちゃんへ幸せを願って贈られることが主流ですが、出産お疲れ様、ありがとうの意味を込めてパパからママへ贈られたり、出産祝いとして友人から赤ちゃんへ贈られたりします。
婚約指輪、結婚指輪を取り扱っている指輪専門店でベビーリングも販売していることが多いです。婚約指輪や結婚指輪を購入した場合は、ベビーリングをプレゼントしていたり、セット割引を行っていたりするお店もあります。マタニティウェディングであれば、このサービスと合わせて指輪選びをしても良いですね。家族での思い出作りの一歩として、指輪選びを楽しんでみてはいかがでしょうか?

7 婚約指輪・結婚指輪のトラブル対処法

結婚後、指輪を付けていると傷がついてしまった、久しぶりに婚約指輪を付けたら入らなかった・ゆるかった、子供が生まれたから子供のイニシャルも刻印したいなど様々な要望が出てくると思います。そのようなときはどうしたら良いのでしょうか?

指輪が汚れたり、傷ついてしまったときは、無理に自分でどうにかしようとすると逆効果になってしまう可能性もあるので、プロに任せた方が安心です。
アフターケアとして、指輪のクリーニングを永久的に無料で行ってくれるジュエリーショップがほとんどです。
長く使うものですので、1年に1度はメンテナンスをする日を決めておくと良いでしょう。
また、傷がつきやすい食器洗い、入浴、スポーツ時は指輪を外す習慣をして日頃から予防しておきましょう。

指輪が大きい、ゆるいといったサイズ直しも購入したジュエリーショップへ依頼することが多いですが、サイズ直しに対応していない場合は貴金属を加工修繕しているお店に相談しましょう。
指輪のデザイン、素材によってはサイズ直しができない場合があるので、購入時にしっかり確認しておいてくださいね。

指輪の刻印の修正、追加は、アフターケア内に無料で含まれていたり、追加料金がかかる場合があります。
いずれも購入したジュエリーショップに一度ご相談してみてください。
お子様が生まれてから、刻印にイニシャルを追加すると家族のきずなが感じられて素敵ですね。
指輪によって、刻印できる文字数が変わってくるので将来追加したいのであれば、購入時は余裕を持った文字数で刻印してもらいましょう。

8 【Wedding tableより一言】

婚約指輪、結婚指輪の違いについてご紹介しました。
これから指輪の購入を考えている方は、納品時期も考えてどのようなスタイルの指輪が良いか選んでみてくださいね。
指輪選びと結婚式場探しを一緒のタイミングで進めていくと、時期が絞れてスムーズに進みますよ。

指輪以外にもまだまだマタニティウェディングを執り行うことで気を付けたい点は多くあります。
今後も週数によって異なる体調の変化や、結婚式当日のポイントなどお伝えいたしますので、お楽しみに!
Wedding tableのコンシェルジュは妊婦さんの体調面も考慮しつつ会場紹介をさせていただきます。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。