WeddingTable

Columnウェディングコラム

卒花嫁が悔やんだ・・・ウェディングドレス選びで失敗しがちなこと

2020.09.05 | アイテム


一生に一度の晴れ舞台でもある結婚式に着るウェディングドレス探しは、花嫁にとって非常に重要です。 あとになって後悔しないためのポイントを解説します。

会場を決めてから試着予約をすること

結婚式場を決まる前に、ドレスを着てみたい一心で着たとしても、挙式日が決まっていない限りスケジュールの確約も出来ませんし、金額も正確な見積もりを出してもらえない可能性があることを覚えておきましょう。
 

ドレスショップによっては、挙式場所、日程が決まっていないと試着すら断られてしまうケースがあります。
もっとも多いその理由のひとつが先にお伝えをした、衣裳の空き状況が分からないということです。
 
どんなに気に入ったドレスであっても、着る本番がいつになるのか未定であれば衣裳の予約ができないのは当然です。
必ず試着は会場と日程が決まってからが鉄則です。

ドレスショップの金額をしっかりチェック!

結婚式の費用の中でも衣裳の予算は大きく左右されるものです。
10名の少人数ウェディングであっても、100名の披露宴であってもウェディングドレスにかかるお金は変わらないのです。
気に入ったドレスは予想以上の高額ドレスだったなんてことも・・・。
 
赤の他人であるドレスショップの方に懐事情を知られるのも誰だって恥ずかしいもの。
試着に行かれるドレスショップの価格帯をある程度リサーチしてから行くようにしましょう。
 
お二人の中で、衣裳にかける費用を事前に話し合っておくことも重要です。
衣裳に掛けられる金額を最初の段階で伝えておくのもいいですね。

同行者はテキトーに決めてはいけない

初めてのドレス試着で、一人で行く花嫁もいますが、新郎や友人、きょうだいや親など、それぞれに同行してもらう人がその人によって異なります。
 
誰に同行してもらうのがいいのか・・・迷ってしまいますよね。
ドレス選びには自分だけの意見や好みで決めるのではなく、客観的に意見を言ってくれる人がいることが大切です。
一人で行くと気が楽ですし、自分の好きなドレスを着れますが、似合うドレスであるかはまた別の話です。
決めるにも、ドレス費用の問題もあり新郎と相談の上、決める必要がありますから、一人で行くとなるとさまざまな問題を抱える可能性があります。
新郎に同行してもらうパターンが比較的多く見られますが、1回の試着で2時間~3時間はかかる上、4~5着ものドレスを試着することもあります。
 
ドレスショップ
 
新郎であっても男性にとっては長く退屈に感じる方もいるでしょう。
そのため、具体的に意見を言ってもらえず、どれもいいね、や、似合っているよなどの大まかな意見しか言ってもらえず、結果どれにしようか決めることが出来なかったという意見もあります。
これから人生を共にするパートナーであれば、自分のことをよく理解してくれているとは思いますが、毎回新郎と行くと、式当日のドレス姿の反応が薄くなってしまうなんてこともあり得ます。
 
やはり一番自分に似合う一着を率直な意見でアドバイスしてくれる女性の友人や母、姉妹などに同行してもらう方が運命の一着に早く出会えると思いますよ。
試着の際は、同行相手を選ぶのも忘れずに。

ウェディングドレスに持つ憧れだけの感情で決めない

ウェディングドレスは花嫁にとって憧れですね。
お洋服選びとは全く異なり、ウェディングドレスは、フリルやビーズがたくさんあしらわれているデザインであるべきなどといったイメージで探してはダメです。
 
挙式をする新郎新婦
 
人生の中の晴れの日だし、おもいっきり華やかなデザインにしたいという理由はわからなくもないですが、やっぱり自分が自分らしく見えるドレスを選びたいものですね。
昔から憧れていたドレスだからという理由で選ぶのではなく、自分らしさを出せる魅力ある花嫁になれるデザインを選びましょう。

ドレス選びを先延ばしにしない

結婚式の1年前に会場を決定し、その後すぐに結婚式場との打合せが始まるわけではありません。
早くても打ち合わせは、結婚式の4か月前からとなるのでそれまでの時間は何もしないものかと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、結婚式場が決まってからその次に行う打合せは、衣裳選びなのです。
 
バージンロードを歩く新郎新婦
 
1年前から探す必要はありませんが、探し初めが本番まで半年前くらいまでには動くようにしましょう。
面倒だからといって先延ばしにすると希望のドレスのスケジュールに空きがなくレンタルできなかったり、急きょ、ドレスを買うことになったり、オーダーで作ることになった場合は、式までに間に合わない可能性も出てきてしまいます。

結婚式の前に多くの友人や知り合いにむやみやたらに見せない

友人や知人からの意見を聞きたくて決めたドレス、あるいは候補であるドレス姿の写真を多くの人に見せる行為は避けましょう。
自分は気に入って決めたドレスなのに、そのドレスが好みでない人からダメ出しをされるケースもありますし、微妙なリアクションをされてしまう可能性もあります。
 
ドレス姿を見せた友人以外の人にばれてしまって当日のリアクションが薄かったなんてことになってしまってはせっかくのお気に入りのドレスなのに残念ですね。
本番までは本当に必要な方だけに相談することをおすすめします。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。