WeddingTable 式場紹介専門サロン

Columnウェディングコラム

フォトウェディング(フォト婚)の定番ポーズからユニークなポーズまでを紹介!

2020.09.28 | 挙式スタイル

  フォトウェディングは挙式や披露宴という制約がなく、自由なスタイルで写真を撮影できます。 一方、どんな写真を撮ったらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。 この記事では、フォトウェディングにおけるポーズについて紹介します。

まずはフォトウェディング(フォト婚)定番ポーズから!おすすめ5選

「雑誌やSNSでよく見るあのポーズ、私たちも撮ってみたい!」と思ったら、まずはこれらのポーズをチェックしておきましょう。
ここでは、フォトウェディングで人気の定番ポーズを紹介します。
 
ロケーションフォト
 
全身を映したショット
まずは全身がよく見える正統派のポーズです。
このポーズで撮影する目的は、衣装全体を収めること。
せっかくこだわりの衣装に身を包むのですから、全体像をしっかり残しておきたいですよね。ドレスの形や和装の柄がはっきりとわかるように、後ろ姿も忘れずに撮りましょう。
 
タイミングを合わせてジャンプ
ふたりで一緒にジャンプした写真は、躍動感のある一枚に仕上がります。
ドレスなら裾が広がるように跳ぶとシルエットがきれいに写りますよ。
打掛や引き振袖で跳ぶのはなかなか難しいですが、ふたりと両家の家族が連なって片足だけを上げるポーズも人気です。
 

 
キス、おでこコツン、鼻同士をチョンとくっつける
キスショットは、顔のアップでもシルエットでも様になる一枚です。
キスが難しいようなら、おでこや鼻をくっつけたポーズもかわいらしくて素敵です。
逆光や反射を利用して撮影すれば、映画のワンシーンのように仕上がるでしょう。
 
ブーケや小物で顔を隠したショット
キスショットは恥ずかしいけれど、それっぽい写真は残したいという人には、ブーケや小物で顔を隠すのがおすすめです。
フォトプロップスやイニシャルブロックなどで顔を隠すと「ふたりの秘密」的な写真に仕上がりますよ。
 

 
手元や足元のズーム
結婚指輪やネイルをズームも外せないショットです。
ブーケや聖書の上に手を置くと、より雰囲気のある写真が撮影できるでしょう。
ふたりでハートをつくったり、指切りをしたりするのもいいですね。
近頃人気は、ふたりの足元のズームも人気があります。
撮影のフィールドは、ドレスならパンプスが映えるレンガやナチュラルウッド、和装なら日本の四季を感じられる花びらや落ち葉のじゅうたんがおすすめです。

フォトウェディング(フォト婚)で洋装を着るならならこのポーズ!おすすめ3選

洋装は、ドレスが持つ素材感を生かした躍動感のあるポーズがおすすめです。
ここでは、洋装に映えるおすすめのポーズを紹介します。
 
ドレスを着た花嫁
 
階段で振り返るポーズ
ロングトレーンのドレスなら、ぜひ階段でのショットを収めましょう。
階段の段差が長いトレーンをより美しく見せてくれます。
脚が長く、小顔に写るポーズでもあるので、モデルになった気分で撮影しましょう。
 
1.5次会の新郎新婦
 
お座りショット
ボリュームのあるドレスは、裾を円形に広げて中央に自分が座るイメージのポーズがおすすめです。
座った状態で花びらを宙に舞わせるのもいいですね。
階段に座ってドレスに顔を近づけるポーズは、よりドレスの豪華さを引き立たたせます。
フェミニンな自分を演出したいときにもぴったりのポーズです。
 
パートナー(新郎)に抱き上げてもらう
パートナーに抱き上げてもらったり、お姫様抱っこをしてもらったりすれば、ストーリー性のある写真に仕上がります。
理想は抱っこしてもらいたけれど、現実的には難しいという場合は、女性が踏み台に上がるだけでも高低差ができて雰囲気が出ますよ。
ロングベールがなびくように撮れば華やかさも増します。お姫様気分で撮影を楽しみましょう。

フォトウェディング(フォト婚)で和装を着るならこのポーズ!おすすめ3選

和装だからといって、かしこまったポーズでなければいけないというわけではありません。
ここでは、動きもユーモアもある和装におすすめのポーズを紹介します。
 
番傘を使ったフォト
 
番傘を使ってポーズ
番傘はどんな和装にも合う万能アイテムです。
ふたりで相合傘をしてもいいですし、座って撮影する際の小物として使用してもいいでしょう。
紙風船など和のアイテムを組み合わせると、さらに風情のある写真に仕上がります。
 
和装お座りショット
 
お座りショット
ふたり横に並んで正座をし、前に指をついたポーズは、和装ならぜひ残しておきたい写真です。
神妙な面持ちでは気難しい雰囲気になってしまうので、笑顔で撮るのがポイントです。
和室や縁側などで撮影すると、背景が和装をより際立たせてくれるでしょう。
 
お習字ショット
遊び心を出して、習字をしている様子を撮ってもらうのもいいですね。
書いている様子から撮影してもらって、仕上がったら笑顔で書を掲げましょう。
「妻」「夫」「結婚しました」「幸せになります」など、書く文字は自由です。
ふたりで相談して決めましょう。

フォトウェディング(フォト婚)で家族やペットと一緒にポーズ!

フォトウェディングでは、家族やペットと一緒に写真を残すことも可能です。
本物の結婚式さながらの写真をたくさん撮影しましょう。
 
バージンロードを歩く花嫁と父
 
父親と一緒に腕を組んでポーズ
チャペルでのロケーション撮影なら、父親との入場シーンがおすすめです。
実際にバージンロードを歩けば、親にとっても忘れられない一日になるでしょう。
仕上がった写真は、ぜひ親にプレゼントしてくださいね。
 
ベールダウンされる花嫁
 
母親にベールダウンをしてもらう
ベールダウンは母親が娘を思って行う花嫁仕度の締めくくりです。
多少不慣れでも問題ありません。
まずは母親のベールダウン、その後に父親とバージンロードを歩くという一連の流れで撮影するのもおすすめです。
母親のもとから旅立つ瞬間をしっかりと写真に残しましょう。
 

子どもと一緒に仲良くポーズ
子どもがいるカップルにおすすめなのが、家族が密着したポーズです。
子どもを挟んでキスしたり、ふたりで子どもを抱っこしたりすれば、家族の温かさが感じられる写真を残せますよ。
子どもにとってもいい思い出になるでしょう。
 
ペットと一緒に
「ペットも大事な家族」というカップルには、ペットを抱き上げている瞬間や遊んでいるシーン、散歩しているところを撮ってもらうのもおすすめです。
実際の結婚式では難しいポーズなので、フォトウェディングならではの写真といえるでしょう。
スタジオや会場によってはペットの入館や衣装が直接触れることを禁止しているケースもあるので、事前の確認が必須です。

ひと味ちがうユニークなポーズにも挑戦!

「ほかの人とかぶらないポーズで撮りたい!」というカップルには、個性あふれるユニークなポーズがおすすめです。
少し勇気を出して、こんなポーズはいかがでしょうか。
 
ポーズを決めたジャンプ
ジャンプにストーリー性を持たせるとどうなるか、いろいろ試してみましょう。
たとえば、強風が吹いているので傘を持っていたら飛ばされそうになった、ファーストミートで初めて花嫁姿を見たら美しさにびっくりして飛び跳ねてしまった、など、シチュエーションを考えて撮影すると楽しいですよ。
演技力も相当必要になりますが、そこは気合いで乗り越えましょう。
 
遠近法を使ったフォト
 
遠近法を使ったショット
遠近法を使うと、よりユーモアのある写真を撮影できます。
花嫁・花婿を手のひらに乗せたショットや、イニシャルブロックを巨大なオブジェに見立てたショットなどがおすすめです。
和装なら、竹取物語を模したショットもいいですね。
アイデア次第でバリエーションは無限大に広がります。
 
指輪の向こうでプロポーズを再現
こちらも遠近法を使ったショットのひとつです。カメラのすぐ前に指輪を置いて、指輪の中にふたりが入り、プロポーズを再現してみましょう。
ひざまずいて花束を渡したり、指輪のケースを開けたりするのもいいですね。
指輪のフレームの中にプロポーズの瞬間を永遠に残しましょう。

定番ポーズやユニークなポーズで楽しくフォトウェディング(フォト婚)をしよう!

フォトウェディングでは、ふたりが希望するポーズでたくさんのスナップ写真を撮影できます。
定番ポーズはもちろん、ユニークなポーズも織り交ぜれば、ふたりの個性あふれるアルバムを作ることも可能です。
 
Wedding tableでは、さまざまな要望に応えられるフォトスタジオを数多く紹介しています。
「こんな写真が撮りたい!」と思ったら、ぜひ相談してみましょう。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。