WeddingTable

Columnウェディングコラム

フォトウェディングで家族写真も残したい!素敵な写真を撮るためのポイントとは?

2020.03.26 | フォト婚

「忙しいから結婚式ができない」「結婚式にはあまりお金をかけたくない」など、さまざまな理由から、挙式や披露宴を行わずに、写真を撮影することで結婚した記念を残すフォトウェディングは人気が高いといわれています。
一般的に、フォトウェディングというと、新郎新婦だけが写っている写真というイメージが持たれがちです。
しかし、フォトウェディングでは家族写真を残すことも可能です。
この記事では、フォトウェディングで家族に入ってもらうメリットと、家族写真を残す際のポイントについて解説していきます。

1 フォトウェディングとはどんなことをするもの?

フォトウェディングとは、挙式や披露宴を行わずに、写真だけで結婚の思い出を残すという比較的新しい結婚式のスタイルのことをいいます。
一般的な形式の挙式・披露宴を行う場合には、数カ月~1年ほど前から準備に取りかからなければなりません。
仕事などが忙しい人や、授かり婚などの場合には、準備に多くの時間をかけることが難しい場合があります。

 

このような個別の事情がある人にとっては、気軽にできるフォトウェディングは魅力的と言えるでしょう。
加えて、一般的な形式の結婚式の場合、人によっては家族や親戚、友人、職場の同僚など、多くのゲストを招待することから、高額な費用がかかるケースも見られます。
フォトウェディングに関しては、一般的に行われている挙式・披露宴と比較すると、費用の負担もかなり抑えることができます。

 

また、フォトウェディングの場合は自由度が高いという点も大きな特徴のひとつです。
具体的には、スタジオ撮影、ロケーション撮影など、新郎新婦の好みに応じてやり方も自由に選ぶことができます。

 

たとえば、新婚旅行とフォトウェディングを兼ねるという方法もあります。
国内では、沖縄など美しい海や砂浜を背景としたフォトウェディングが人気です。
海外になると、ハワイやグアムなど自然が豊かなリゾートで、開放感あふれる写真の撮影もできます。
フォトウェディングと新婚旅行を兼ねれば、幸せな瞬間を一生の思い出として残すことができます。

2 フォトウェディングで家族写真も撮るメリットとは

成長するにつれて「家族写真を撮ることはなくなった」という人はたくさんいます。
フォトウェディングを行えば、プロによるクオリティの高い家族写真が残せるというメリットがあります。
また、新郎新婦のなかには、一般的な形式の挙式・披露宴を行わないことによって「両親に晴れ姿を見せることができない」という点を残念に感じている人もいるでしょう。
フォトウェディングでは、ウェディングドレスや和装などでの撮影も可能であることから、たとえ挙式をしない場合でも、両親をはじめとする家族に晴れ姿を見せることができるという大きなメリットがあります。

 

また、一般的な結婚式を行う場合、挙式とセットとなった記念撮影では、時間もカット数も限られているケースがほとんどです。
結婚式当日は分単位でスケジュールが組まれていることから、納得ができるこだわりの写真が撮影できるとは限りません。
しかし、フォトウェディングは写真を撮ることを目的としたものです。
そのため、フォーマルやカジュアルなど、さまざまなテイストの写真を撮ることもできます。
フォトウェディングで家族写真を撮影すれば、今までの感謝の気持ちを込めて、撮った写真を両親にプレゼントできるというメリットもあります。

3 家族の服装はどうすれば良い?

フォトウェディングに家族が参加する場合は「自分たちは何を着れば良いのかわからない」ということから、参加自体を遠慮するケースも見られます。
しかし、フォトウェディングのメインはあくまでも新郎新婦です。
そのため、家族の服装に決まりはありません。フォトウェディングに参加する家族が服装で悩んだ場合、最も重視すべきは清潔感と心得ておきましょう。
たとえば「服のシワはのばしておく」「当日までに美容院に行って頭髪を整えておく」など、清潔に見えるような工夫をしておくことがポイントです。

 

また、家族がフォトウェディングに参加するのであれば、ある程度服装を統一しておくことが望ましいと言えるでしょう。
新郎新婦側で「フォーマルなイメージにするのか」「カジュアルな雰囲気にするのか」などを話し合って決めたうえで、その情報を家族にも伝えて共有しておくことが大切です。

 

「フォーマルか、カジュアルか」ということがあらかじめわかっていれば、家族側も服装を決めやすくなります。
加えて、フォーマルな衣裳が必要な場合は、和装洋装どちらもスタジオでレンタルすることも可能です。
もし、家族が衣裳のレンタルを希望なら、スタジオ側に相談するなどして早めに手配をしておきましょう。

4 家族写真を撮る際の注意点とは?

フォトウェディングで家族写真を撮影する際には、いくつかの注意点があります。
まず、家族写真の撮影は、新郎新婦の写真撮影の時間の一部を使って行われるものです。
そのため、当日の撮影スケジュールを家族にも共有しておき、撮影がスムーズに進むように配慮をすることがポイントです。

 

フォトウェディングでは、新郎新婦が複数の衣裳を着用したり、いくつかのロケーションで撮影を行ったりするケースも多く見られます。
したがって、フォトウェディングのメインとなる新郎新婦の撮影がスムーズに行えるように、家族にも協力してもらうことが欠かせません。

 

次に、当日家族写真を撮影するように計画しているなら、服装や当日の持ち物などは、前もって家族にも相談して指示しておく必要があります。
フォトウェディングに家族が参加する場合、服装などがはっきりしていないと当日になって焦ったり、困ったりしてしまうのも無理はありません。
たとえば、カジュアルな服装での撮影を希望している場合、新郎新婦で話し合ってドレスコードが決まっているのであれば、家族にも準備してもらえるように事前に伝えておくことが大切です。
服装や持ち物などが決定したら、早い段階で家族にも伝えておきましょう。

5 大事なペットとの写真を残す人も増えている

フォトウェディングを希望する人のなかには、ペットとの記念写真を残す人も増えています。
「ペットも大事な家族の一員である」と考える人は、ペットと一緒にフォトウェディングを行うことも検討してみましょう。
ただ、一般的には、結婚式場の多くがペットは入れないようになっています。

 

しかし、屋外の撮影であればペットとの撮影も可能です。また、スタジオのなかには、ペットと一緒の撮影を許可しているスタジオなどもあります。
ただ、ペットと写真を撮影する場合、当日はペットの体調管理や脱走などに気をつけながら撮影を行うようにしましょう。

6 フォトウェディングで家族写真も残せれば思い出も2倍に!

フォトウェディングを行う場合、パートナーと撮影した写真だけではなく、家族との写真も残せれば思い出も2倍になります。
一般的な挙式・披露宴などを行わない場合は、今後両家の家族が顔を合わせる機会はほとんどない可能性もあります。
そのため、フォトウェディングで両家の家族が集まることができ、家族写真を撮影することができれば、お互いの家族にとっても良い記念になると言えるでしょう。
また、フォトウェディングができるスタジオは日本全国にたくさんあるため、新郎新婦の理想が叶えられるようなスタジオを探してみましょう。

 

少人数結婚式を専門とするミニマルウェディングでは、ペットと参列できるアットホームなウェディングスペースもご紹介しています。
結婚するにあたって家族やペットとの写真を残したい場合は、少人数結婚式専門の会場での撮影も検討してみることがポイントです。
大切な家族と過ごすフォトウェディングを実現したいなら、ミニマルウェディングに相談してみましょう。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。