WeddingTable

Columnウェディングコラム

「大人婚」には、「一流のminimal」を心がけて~上質なウェディングをするための結婚式場選びのポイント~

2020.01.13 | 大人婚

そもそも「大人婚」って?最近、よく聞く大人婚ですが、なにをもって「大人婚」と呼ぶのか。
 
ポイントは3つ
・20代の明るいわいわいとした結婚式 とは違い、落ち着いた雰囲気の結婚式
・30代を超えたカップルが理想とする結婚式
・新郎新婦との会話の時間を楽しめる結婚式
 
さらに大人婚に重要なポイントをご紹介します。

1 「minimal WEDDING」がおすすめする一流の「大人婚」

 

minimal WEDDINGのminimalには、最小限に、過不足なくといった意味が含まれています。
最小限の人数で行う結婚式ということではなく、自分達に合った結婚式の内容を過不足なく含めた結婚式を行えるようなサポートをしています。

 

特に大人婚においては、結婚式の進行内容をよく吟味する必要があります。
30代、40代、50代と年齢を重ねていくうちにゲストも結婚式の参列経験は増えていきますので、参列する側も目が肥えています。
友人の結婚式、披露パーティーと比べられてしまうこともありますので、ここで大事なポイントを理解して結婚式の準備に取り掛かりましょう。

2 大人婚で大切なことは、結婚式の日程選択

結婚式を考え始めると、まず気になるのが日取り。
土日祝日にするのか平日にするのか、また六輝や季節や時間も気になるところですね。
ゲストへ結婚式の報告をするとき、招待される方のことを考えながら適切な時期を選ぶのもポイントです。

 

実際にゲストが迷惑と感じない時期としては、春秋シーズンと言われています。
寒すぎず、暑すぎないのはもちろんのこと、人気のシーズンだからこそ、納得がいくのもわかりますね。

 

時間に限っては大切な少人数のゲストであれば、「大人婚」を理想としているお二人だからこそ、ナイトウェディングでも問題ないでしょう。
招待されるゲストも皆様場をわきまえているはずですし、よりムードも出て素敵な「minimal WEDDING」になること間違いありません。

3 結婚式場選びも大人婚ならではのポイントを押さえて


<画像出典:オーベルジュ・ド・リルトーキョー

 

30~50代の大人ウェディングでは、たくさんの結婚式に参列したことのある方々を招くので、失礼のないようにしたいと思われる方が多いようです。
そのようなゲストでも、招待されて嬉しいと感じる会場選びのポイントは、お料理と会場の雰囲気になります。
挙式は、平均約30分、披露宴は約2時間30分と、披露宴中に過ごす時間のほうが長いのが一般的です。
ゲストに心地よく過ごしてもらいたいとお考えの方は、挙式会場よりも長く過ごす披露宴会場の過ごしやすさを重視すると良いです。

 

30代、40代、50代のゲストが参列したい結婚式会場の雰囲気は、落ち着いた会場という意見が多くなっています。
例えば、一度は耳にしたことのあるような名の知れたラグジュアリーホテル、通常は会員様しか入ることのできない会員制のレストランやラウンジ、いつまでも変わることなくあり続ける歴史的建造物や有名建築士やデザイナーが手掛けた会場など、ここだけでしか味わうことのできない雰囲気やサービスを感じられる会場がおすすめです。

 

また、会場自体被るのは避けたいという方は、結婚情報誌や有名な結婚情報サイトなどには載っていないような隠れ家的なレストランやこんなところでもできるの!?とアッと驚くような結婚式場はいかがでしょうか。
Wedding tableでは、大人婚にふさわしいおもてなしが受けられる特別な会場をご紹介していますので、ご相談ください。

4 お料理も演出の一つに!忘れられない味でゲストも満足


<画像出典:アヴァンセリアン

 

パーティー中にゲストが楽しみにしていることと言えば、お料理です。
きっと、皆さんにも一度しか食べたことはないけど、また食べたいお料理があるはずです。
そのくらい、お料理は印象に深く残りやすいので上質な大人婚を叶えるためには、こだわりたいポイントとなります。

 

とはいえ、味の好みは人それぞれですので、ゲスト一人ひとりに好みを聞いてそれに合わせて選択するのは難しいです。
ミシュランの星を獲得したレストラン、名物を持つ歴史のあるホテル、当日ゲストがフルコースの料理を選択できる会場など、お料理にこだわりを持ち、定評のある会場は満足度も高いと言えるでしょう。
会場決定の前に、お二人もご試食され、その会場の味を知ることから始めましょう。
お二人が気に入ったお料理は、きっとゲストの胃袋も掴むはずです。

 

さらにお料理にこだわりたいのであれば、お二人の希望に合わせてシェフと相談しながらオリジナルメニューを作ったり、当日シェフに登場してもらい、目の前でお肉を焼き上げたり、お寿司を握ってもらったりとエンターテイメント要素を入れてみても良いですね。
ゲストの記憶に残るお料理で結婚式を盛り上げましょう。

5 披露宴中の会話はゲスト同士だけのもの!?

一般的な結婚式となると、司会者の方の掛け声のもと入場し、主賓の挨拶、すぐにケーキカットの後は、お二人のお色直しで一旦中座。
ゲストの方たちはお二人が不在のときに流れるムービーを見ては、歓談を楽しんでいるケースが多く見られます。

 

気づけばあっと言う間の2時間半が過ぎ、ゲストとまったく会話もできないまま結びになってしまうことになりかねません。
すべての進行が悪いわけでもないのですが、すべて盛り込む必要はありません。

 

本当に必要なものだけにして歓談時間を多く設け、ひとりひとりとの会話とみなさんでお食事が出来る時間をつくれるような進行にするように心がけましょう。
ゲストは、新郎新婦と会話や写真撮影をしたいと思っています。
雑多な進行内容に左右されず、お二人にそぐわないものは盛り込まないことが重要です。

6 大人婚らしい上品なウェディングドレス選び


<画像出典:innocently

 

上品な女性らしさを身に着けた30代、40代、50代の花嫁におすすめなドレスは、ボリュームレスなミニマムデザインのウェディングドレス。
マーメイドラインやエンパイアライン、スレンダーラインと呼ばれる全体的にドレスのボリュームが少なく体のラインに沿ったデザインのドレスは、大人の上品さをぐっと高めてくれます。
 
20代前半の時には、少し背伸びして見えていたドレスも大人花嫁にはぴったりの雰囲気に。
シンプルなデザインすぎると寂しい印象になってしまいますので、顔周りに華やかなビジューが付いているもの、質にこだわって繊細なリバーレースや光沢のあるミカドシルクを使用したもの、大胆に背中が開いたデザインなど、メリハリを付けたデザインのドレスを選ぶことで個性をより一層引き立たせてくれますよ。

 

カラードレスを選ぶときは、肌の色味に合った落ち着いたカラーが良いでしょう。
例えば、ピンクを選ぶときは、チェリーピンクのような華やかな色ではなく、くすみがかったグレイッシュピンクにすると全体的に落ち着いた印象になります。
 
また、原色に近いカラーを着たい場合は、身体のラインに沿って流れるような装飾はあまりなくシンプルなデザインのものを選ぶと大人の魅力が増します。
こうしたポイントを押さえてカラードレスを選ぶと、カラードレスは着たいけど恥ずかしいという方でも、素敵にお召しいただけます。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。