WeddingTable 自分たちらしい結婚式探し

7月の結婚式特集[2024~2025年日取りカレンダー付き]予約状況や料金を徹底解説!

7月結婚式特集

7月、梅雨も開け、夏の暑さを感じ始めるこの時期。花火大会やお祭りなど楽しいイベントが多い月でもあります。そんな7月に結婚式を挙げるにはどのような月になるのでしょうか。

 

ここでは7月に挙げる結婚式の費用や日取り、注意点など詳しく紹介します。7月に結婚式を挙げようか迷っている方、いつ結婚式を挙げるか探している方はぜひ最後までご覧ください。

7月ってどんな月?

7月は近年では猛暑となる時期。実際の気候はどのようになっているのでしょうか。

 

  • ・梅雨が明け、35℃を超える猛暑日になる日も
  • ・ゲリラ豪雨と呼ばれる突然局地的に強い雨が降ることも

 

梅雨が残る7月前半は雨が降る日が多くなりますが、後半は梅雨も明け、暑い日が続きます。
日本の夏は高温多湿。蒸し暑く、熱中症に注意しなければならない時期。

 

7月に結婚式を挙げる際は暑さに配慮した結婚式を考える必要があります。

7月に結婚式はどれぐらい挙げられている?

7月の挙式件数についてみてみましょう。上記のグラフのように5月をピークに挙式件数は減少し、7月は29,496件と年間を通してみても、少ない月となっています。

その理由は以下のような理由が挙げられます。

  • 1.気温が高い
  • 2.熱中症が怖い
  • 3.汗で化粧や髪型の崩れが気になる

 

などの理由があるようです。

一方で、7月に結婚式を招待されて迷惑かを調査したデータもあります。
そのデータによると、迷惑と答えた人はわずか1,7%でした。
思っているほど、招待される側は迷惑と感じていないようですね。

 

費用面に関しては挙式件数が少ないこともあり、トップシーズンと比べてかなり下がっています。暑さ対策などがしっかりできれば、お得に挙げられるかもしれません。

7月結婚式の日取りカレンダー

7月は人気の七夕があります。願いが叶う日として縁起がいいとされており、結婚式との相性もいいです。織姫と彦星に絡めた演出や短冊に願いを書いてもらい、式内でその願いを叶えてあげるなんて演出もロマンティックで素敵ですよね。
 
ただし、毎年7月7日は天気が崩れることが多く、天候には注意が必要な点には留意してください。
 

7月結婚式の予約傾向

7月の結婚式は夏の暑さを気にして、結婚式を控えるカップルが多いため、トップシーズンと比べると予約が取りやすい傾向にあるようです。

 

また、費用面に関しても、挙式件数が少なくなるにつれて安くなる傾向があります。
7月に結婚式を考えているカップルは暑さなどの対策がしっかりできるようであれば、お得に挙げられますよ。

2024年7月日取りカレンダー

2024年の7月は週末に大安がないので、予約は分散しそう

2024年は週末に大安がないため、予約が分散することが予想されます。ただ、7月7日の七夕が日曜ということで、その日は最も予約が集中することが予想されます。

 

七夕の日に結婚式を挙げたいカップルは早めに予約しましょう。

 

また、平日でも可能という方は平日がおすすめ!2024年7月の平日の大安は合計4日間に分散しています。費用もリーズナブルに抑えられ、予約も取りやすそうです。

 

オフシーズンのお得なプランや特典を用意している会場もあるので、さらに予算を抑えられる可能性があります。ぜひチェックしてみてください。

2025年7月結婚式日取りカレンダー

2025年の7月は2日間ある週末の大安に予約が集中!

2025年の7月は週末に2日間ある大安に予約が集中することが予想されます。特に12日(土)は一粒万倍日も重なることから、1番人気になりそう。6日(日)大安も人気。7月の大安の週末を狙う場合はお早めのご予約をおすすめします。
 

平日でも可能な方はやっぱり平日がお得!大安の平日は3日間あります。特に24日(木)は天赦日と一粒万倍日も重なり、縁起が良い日とされています。
 
平日の開催が可能な方はお得に挙げられますので、積極的に狙ってみては?
 

また、2025年の七夕は月曜日。平日ではあるものの、七夕という日にロマンティックな結婚式を挙げたいという方はぜひご検討ください。

 

7月に結婚式を挙げるおすすめの理由

1.費用が安い

月別結婚式費用イメージグラフ
上記の費用相場のイメージグラフにあるように、7月はトップシーズンと比べると費用が安いです。

週末に挙げたいカップルにとっては、他の月の週末に挙げるよりもかなりお得に挙げられます。

2.七夕や海などのイメージに合わせた演出ができる

季節感という点では、夏のイメージや七夕のある7月。そのイメージに合わせた演出を取り入れることで、素敵な結婚式にすることができます。

季節感のある装花や装飾、ドレスなど夏の特徴を活かした演出ができることは大きなメリットです。

また、季節の果物を使ったスイーツやドリンクなど、夏ならではのウェディングメニューを提供することもできます。

7月に結婚式を挙げる際の注意点

トップシーズンと比べ費用が安い7月。結婚式を挙げるならお得に挙げられますが、注意すべき点はどのような点があるのでしょうか。

 

1.気温が高いので、暑さ対策を

7月の気温グラフ

 

上記気温のグラフでもお分かりの通り、7月は非常に気温が高い月。特に結婚式を屋外で行う場合、ゲストが暑さに悩まされることがあります。
特に熱中症には要注意!
暑さ対策を万全にして、ゲストをお迎えしましょう。
 

    【暑さ対策例】

  • ・暑さ対策グッズの用意(扇子やうちわ、日傘、ネックドライシートなど)
  • ・涼しい飲み物の提供
  • ・招待状に注意喚起

 

細かなことですが、こうした気遣いがゲストへのおもてなしとして喜ばれます。

 

また、季節に合わせたドレスコードを指定することが大切です。男性には薄手のスーツ、女性には涼しい素材のドレスなどを着用してもらうように案内しましょう。
日差しも強いので日焼けの半そで焼けや水着焼け・首回り・手首など肌がでる部分の日焼けにも注意してください。

 

2.長期休暇に入る人もいるので、早めのご予約を!

夏の時期は夏季休暇を取る人が増える時期。
遠方からのゲストを招待しやすい反面、早めに連絡をしないとすでに予定が入ってしまっている可能性も。
 
できるだけ早めにゲストへ連絡しておくといいでしょう。

 

7月の結婚式の費用

結婚式にも人気のシーズンや日取り、時間帯があります。ここまで見てきた通り、7月は暑さが気になる季節。トップシーズンではないとはいえ、少しでもお得に結婚式を挙げたいと思っているカップルは多いはず。

 

そこでここでは、お得に結婚式を挙げるための情報をお伝えします。
日程(日取り)や時間帯によっても料金に差が生まれますので、うまく調整できればお得に結婚式をあげられる可能性があります。

人気のシーズン

・春(3〜5月)

・秋(9〜11月)

・ジューンブライド(6月)

予約が少ないシーズン

・夏(7〜8月)

・冬(12〜2月)

予約が少ない時間帯

午後: 挙式

夕方: 披露宴

予約が少ない日取り

仏滅・赤口

7月の結婚式をお得に挙げるコツ

1.平日に挙げる

もっとお得に結婚式を挙げたいという方は、人気が高い週末や祝日を避け、平日に挙げることを検討すると良いでしょう。

 

吉日、大安でも平日であれば、料金がお得で予約も取りやすいです。
以下に7月のお得な平日をまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

  • 2023年7月の「平日」の狙い目
  • ・7月6日(木):大安
  • ・7月12日(水):大安
  • ・7月14日(金):一粒万倍日
  • ・7月19日(水):寅の日
  • ・7月26日(水):友引/一粒万倍日
  • 2024年7月の「平日」の狙い目
  • ・7月8日(月):友引/一粒万倍日
  • ・7月11日(木):大安
  • ・7月17日(水):大安/一粒万倍日
  • ・7月23日(火):大安
  • ・7月29日(月):大安/一粒万倍日

 

2.DIYアイテムの持ち込み&飾り付けをする

花や装飾品などの飾り付けを自分たちで手作りすることで、費用を抑えることができます。また、結婚式用品をレンタルするなど、コストを下げる方法もあります。

また、持ち込みOKのアイテムを持ち込むなど、少しでも費用を減らせるように2人で計画を立てて準備するのがおすすめです。

 

ペーパーアイテムの招待状や席次表、リングピローやウェルカムボード、プロフィールビデオやプチギフトなど、2人で作成できるものは作成して持ち込んでみてはいかがでしょうか。

 

ただし、会場によっては持ち込み料金が発生したり、持ち込めないアイテムがあったりするので、事前に会場のプランナーに確認することが大切です。

 

Wedding tableではお得なキャンペーンを実施中!

ぜひ覗いてみてくださいね!

 

7月の結婚式場探しでお困りなら

とはいえ、夏に挙げる結婚式はどうしたらいいかや、どのエリアがおすすめなのかなど、会場を探すのも一苦労ですよね。そこで、結婚式場紹介デスクを利用するのも一つの手です。

 

夏特有の変わりやすいお天気にお困りでしたら、ぜひご相談ください。数々の結婚式のご支援をしてきたコンシェルジュだからこそ、夏に挙げる結婚式にぴったりの会場をご紹介いたします。

 

また、Wedding tableは多くの結婚式場の情報を持っています。おふたりにあったお探しの会場がきっと見つかります。

 

お問い合わせはこちらから↓

 

新宿サロン

相談無料!

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

  • 結婚会場紹介
  • 会場見学手配
  • 結婚のお悩み
    相談
  • 結婚式スタイル
    の紹介

新宿サロン

〒160-0022  東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル4F
最寄駅:JR「新宿駅」都営新宿線・東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目駅」

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くのサロンへご相談ください。

  • 新宿サロン

    新宿サロン

    〒160-0022  東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル4F(受付5F)
    最寄駅:JR「新宿駅」都営新宿線・東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目駅」

  • 横浜サロン

    横浜サロン

    〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-9-10 横浜HSビル5F
    最寄駅:JR・地下鉄・私鉄各線「横浜駅」

  • 大宮サロン

    大宮サロン

    〒330-0846 埼玉県さいたま市 大宮区大門町3-88逸見ビル4F
    最寄駅:JR「大宮駅」

  • 八王子サロン

    八王子サロン

    〒192-0081 東京都八王子市横山町6-9 丸多屋ビル9F
    最寄駅:JR「八王子駅」

  • 高崎サロン

    高崎サロン

    〒370-0827 群馬県高崎市鞘町20-1 高崎鞘町ビル4F(パーク500 5Fから直結)
    最寄駅:JR「高崎駅」

  • 郡山サロン

    郡山サロン

    〒963-8004 福島県郡山市中町7-19 デジプラン中町ビル3F
    最寄駅:JR「郡山駅」

  • 新潟サロン

    新潟サロン

    〒951-8056 新潟県新潟市中央区花町2069 新潟花町ビル7F
    最寄駅:JR「新潟駅」

サロン一覧はこちら

もっと簡単!
    lineロゴ

    LINEからの
    相談予約はこちら!

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

ご利用の流れを見る

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。