WeddingTable

Columnウェディングコラム

エレガントに着こなしたい!30代からの大人婚でのカラードレスの選び方

2020.04.19 | アイテム

お色直しは結婚式の中でも、特に華やかな演出であり、花嫁にとって大きな楽しみの1つです。
お色直しで着るドレス選びには力を入れたいと考えている花嫁もいるでしょう。
特に、大人婚では華やかなだけではなく、上品さやエレガントさを感じさせるドレスがぴったりです。
派手すぎず地味すぎないドレスを選ぶには、いくつかのポイントがあります。
そこで、人気があるドレスのカラーや、大人婚にふさわしいドレスの選び方を紹介します。

1 大人婚の花嫁さんにアンケート!「着たのは何色のドレス?」

カラードレスを選ぶうえで気になるのが、人気の色です。
トレンドの色を選びたいという人もいれば、あえて他の人が選ばない色で個性を出したいという人もいるでしょう。
全国規模の結婚情報誌として知られるゼクシィの調査によると、世代を問わず人気が高かったのはピンクです。
2015年から2016年にかけて結婚式を挙げた花嫁336名のうち、133名がピンクのドレスを選んでいました。
次点で人気だったのはブルーで、57名の花嫁に選ばれています。
そして、オレンジとイエローを選んだ花嫁は40名と、ブルーに負けず劣らず支持を集めていました。

 

また、「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によると、33歳以上の大人花嫁にはピンク、ブルー、レッドが特に人気であることが分かりました。
やはりピンクとブルーが人気であることは変わりませんが、20代と30代以上では色合いや素材、シルエットなどが異なります。
また、レッドはピンクやブルーに比べるとインパクトのある色ではあるものの、色の明るさやデザイン次第では、上品かつゴージャスな雰囲気を演出できるカラーです。
華やかさと落ち着きを兼ね備えた大人の女性にぴったりのドレスといえるでしょう。

2 甘さ控えめに大人っぽく着こなしたい大人花嫁には「ピンク」

<画像出典:東京ベイシンフォニークルーズ>

 

大人花嫁のなかには、ピンクのドレスは可愛すぎると感じる人や、子どもっぽいのではと心配になる人もいるでしょう。
しかし、一口にピンクといっても、色合いはさまざまです。
スモーキーなローズピンクもあれば、グレーがかったシルバーピンクもあります。
上品なサーモンピンクも、大人の女性に似合うピンクです。
ニュアンスのある落ち着いたピンクなら、ある程度ボリュームのあるドレスを選んでも、幼い雰囲気にはならないでしょう。
普段からピンクを身につける機会が少なく、鮮やかなピンクを着るのは勇気が要るという人は、ベージュピンクやペールピンクのように控えめなピンクがぴったりです。

 

逆に、ビビットなピンクをチョイスしたい場合は、マーメイドラインやスレンダーラインなどスカートのボリュームを抑えたデザインを選ぶとこなれ感が出ます。
また、季節に合わせてピンクの色あいで選ぶのも良いでしょう。
ピンクは通年で人気のある色ですが、特に春はパステル系の明るいピンクがぴったりです。
夏ならオレンジやイエローがかったピンク、秋冬はシルバーやグレーのニュアンスが入ったピンクも良いでしょう。
ブーケやアクセサリー、ヘッドドレスで個性を出すのも、ピンクドレスを着こなすポイントの1つです。

3 上品でありながら親しみを感じさせたい大人花嫁には「ブルー」

<画像出典:ラブレー

 

上品さや誠実さ、清楚さを感じさせるブルーは、フェミニンすぎるドレスが苦手な人でも抵抗なく身につけられるカラーです。
パウダーブルーやスカイブルー、アイスブルーなどの淡く透明感のある色合いなら、ボリュームのあるドレスも軽やかに見せてくれます。
一方、ロイヤルブルーやネイビーなどの深みのあるブルーは、上品で落ち着いた印象です。
ブルーはピンクに次いで人気のある色なので、他の人と差をつけたいという場合は、ミントブルーやブルーグレーなど特徴的なニュアンスのブルーを選ぶのも1つの方法です。

 

広大な空や海を思わせるブルーのドレスは、夏の結婚式やガーデンウェディングで人気があります。
家族や親しい身内だけを招待する、アットホームな結婚式を予定している人は、ブルーのドレスを選ぶことでカジュアルな雰囲気や解放感を演出できるでしょう。
また、ブルーには体型をカバーし、すっきりとしたシルエットに見せる効果も期待できます。
体型が気になる人や、知的な印象に見せたい人にもぴったりのドレスです。

4 高貴に大胆に着こなしたい大人花嫁には「レッド」

レッドは人目を惹きやすいだけではなく、情熱や気品、エレガントさを感じさせるカラーです。
個性を出したい大人花嫁から大きな支持を集めています。
しかし、存在感がある分、着こなせるか心配に思う人もいるでしょう。
シフォンなどの柔らかな素材を選ぶと、鮮やかな印象はそのままに、やわらかい雰囲気になります。
また、大人花嫁には落ち着きのあるくすんだ色合いのレッドが似合うでしょう。
紫がかったマゼンダや深みのあるワインレッド、シックなボルドーなどがぴったりです。
レッドは色そのものにインパクトがあるので、シンプルなデザインでもゴージャスな雰囲気に仕上がります。

 

冬季の結婚式やクリスマスウェディングでは、レッドが特に映えるでしょう。
エレガントな雰囲気が際立っているため、豪華な内装のホテルや荘厳なチャペルでも浮いてしまう心配はありません。
ボルドーやワインレッドなど、落ち着いた色合いのレッドはナイトウェディングにもマッチします。

5 シックな印象を与えたい大人花嫁には人気上昇中の「グレー」

グレーというと一見地味で、ドレスのように華やかな衣裳に使うイメージがない色ですが、上品で落ち着きがあると大人花嫁の間で人気を集めています。
グレーのように控えめな色を基調としたドレスなら、フリルやレースをたっぷりとあしらったデザインでも、子どもっぽい印象にはなりません。
むしろ、あえてボリュームを出したりビジューをつけたりすることで、程良くゴージャスな雰囲気を演出できます。
シックなグレーのドレスは、どのような季節や会場でも自然に馴染むでしょう。

 

多彩なニュアンスカラーもグレーの魅力です。白っぽいライトグレーのドレスは、花嫁の素肌の美しさを引き立たせてくれます。
光沢のあるシルバーグレーは、華やかながら洗練された印象です。
落ち着いたトーンのダークグレーは、ボリューム感のあるドレスとも相性が良く、大人可愛い印象に仕上がります。
緑がかったグレーや紫がかったグレーなど、ニュアンス次第で印象が大きく変わるグレーは、花嫁の個性をさり気なく演出してくれる色です。

6 人と違った個性を出したい大人花嫁には「花柄」

単色でシンプルなカラードレスも、30代以上の大人花嫁には魅力に着こなしていただけますが、華やかかつ個性を出したい方には花柄のプリントや刺繍が入ったカラードレスがおすすめです。
パステル系の色味や細かな花柄模様だとどうしても可愛らしく、少し幼い印象になってしまいます。
大人花嫁の良さが際立つ花柄は、大胆に大きな花がプリントされている生地を使ったドレスや胸元や裾にかけて流れるように花の刺繍が施されているドレスです。

 

花柄ドレスに抵抗がある方は、デザインすべてが花柄ではなく、デザインの一部に花柄を取りいれられたドレスやネイビーやスモーキーカラーのピンクや水色がベースになっているドレスを選ばれると良いでしょう。

7 大人婚のカラードレス選びに大切なのはセンスと気品

ここまで、大人花嫁に人気のドレスについて紹介してきました。
しかし、重要なのはトレンドよりも、自分に似合う色やデザインを選ぶことです。
20代前半の結婚式とは異なり、大人婚では落ち着きや気品、洗練されたセンスが求められます。
ただし、会場やドレスにお金をかければ良い式になるとは限りません。
たとえば、ドレスなら光沢のある生地よりも、シルクサテンやポリエステルサテンなど、光沢が少なくとろみのある生地のほうが、上品な雰囲気を引き立ててくれます。
また、自分が好きな色と似合う色が、必ずしも一致するとは限りません。
ドレスを決める前にパーソナルカラー診断を受けて、自分に似合う色を知るのも1つの方法です。

 

会場や料理も、必ずしも高価でゴージャスである必要はないでしょう。
見た目の豪華さよりも、会場が分かりやすいか、ゲストが落ち着いて食事や料理を楽しめるかといった部分に、大人ならではの配慮が表れます。
大人婚は自分たちの幸せな姿を見せびらかすためではなく、大切な人に結婚の報告をする、日頃の感謝を込めてもてなすための場所です。
参加したゲストが心地良いと感じられるような式を目指しましょう。

8 大人花嫁のドレス選びはトータルバランスを考えながら

ウェディングドレスもカラードレスも和装でも、セレクトに大切なポイントはトータルのバランスが良いかどうかです。
ご自身の顔立ち、スタイル、肌の色味などしっかり分析して似合うドレスを選びましょう。

 

着たいドレスと本当に似合うドレスは違うかもしれません。
そんな時は、せっかくの着たいドレスを諦めてしまうのではなく、トータルバランスを見ながら小物やメイクで自分に合うようにコーディネートしていきましょう。

 

ドレス選びは、自分では知らなかった自分に似合う色やデザインを知ることができるので、普段の服やアクセサリー選びの勉強にもなることでしょう。
新しい自分が発見できる機会になるかもしれませんね。
結婚式の準備も楽しみながら進めていきましょう!

9 プロの力を借りて自分に似合うカラードレスを選ぼう!

初めての結婚式では、会場選びや費用の相場など、分からないことも多くなります。
迷ったときは結婚式のプロに相談してみるのも良いでしょう。
Wedding tableでは見積もりや会場見学の手配はもちろん、ドレスやギフトを選ぶときもサポートしてくれます。
小さくても自分らしい結婚式を挙げたいという人は、まず無料カウンセリングを受けてみましょう。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。