WeddingTable 式場紹介専門サロン

Columnウェディングコラム

家族婚でのお祝いのメリットとデメリットとは?費用やおすすめの会場

2020.05.29 | 豆知識・費用・相場

かつてのように大勢を招待する結婚式ではなく少人数の結婚式として、家族婚でのお祝いをするケースが増えています。
ただし、家族婚でのお祝いといってもいろいろなスタイルがあり、自分にとって満足できるものを選ぶためにはそれぞれの特徴を知っておくことが大事です。
この記事では、家族婚のメリットとデメリット、お祝いスタイル、費用目安、使われることの多い会場について解説します。

1 家族婚とは?少人数の結婚式

家族婚とは、家族や親族、または親しい友人のみで行う少人数の結婚式のことです。
招待人数も両家の家族のみで10人程度、両家の家族と親族で20人程度と少なめです。
両家の家族や親族に仲の良い友人を加えたとしても、合計で30人以下の結婚式となります。
たとえば、大げさなことはしたくないけれど両親や自分たちのためにもきちんと結婚の想い出を残したい人や華やかな演出が苦手な人などに好まれるスタイルです。
家族婚の式次第には明確な決まりはなく、挙式のみや食事会のみ、挙式と食事会を続けて行うなどさまざまなスタイルがあります。
両家の親族が遠くに住んでいるなど一同に会する機会を設けにくい場合は、親睦を兼ねて食事会を行ったり、記念写真を撮影したりすると良いでしょう。

2 家族婚でお祝いをするメリット

家族婚でのお祝いには、従来の大人数での結婚式にはないさまざまなメリットがあります。
まず、何よりも気心の知れた家族や友人同士だけで、アットホームな雰囲気で行えることです。
新郎新婦とゲストの双方が緊張しなくて済むので、全員がリラックスしながら楽しむことができます。
人数が少なければ新郎新婦が集まってくれたゲスト全員に直接お礼を述べたり、写真撮影をしたりする余裕も生まれやすくなります。

また、一般的に結婚式を挙げるのには高額な費用が必要ですが、家族婚であれば費用を安く抑えることが可能です。
たとえば、人数に合わせて小規模のアットホームな会場にする、食事を用意する人数が少ない、派手な演出を取り入れなくても盛り上がれるなどの理由から費用が削れます。
従来の結婚式では両親が費用を負担しているケースも多くありますが、新郎新婦だけですべての費用を自己負担できれば親孝行ですよね。

ゲストが少人数なので準備が楽というのも大きなメリットです。
新郎新婦が共働きというケースも増えている中、働きながら結婚式の演出や招待状の手配などの準備を平行して行うのは大変です。
ゲストの人数が少なければその分だけ負担が減り、代わりに料理のメニューをゲストの好みや年齢に合わせるといった配慮もしやすくなります。

3 家族婚でお祝いをするデメリット

家族婚にはデメリットもあるということを知っておくことも大切です。
まず、一度の機会で多くの人に結婚の報告をすることができないことです。
たとえば、新郎新婦の職場の人たちを招待しない場合は、別途結婚の報告を自分たちで行う必要があります。
ほかにも、自分たちの家族婚には呼ばないけれど過去に結婚式に招待してくれた友人たちに報告のはがきを出すなど、失礼にならないように配慮すべきでしょう。

また、少人数での結婚式に対応している結婚式場自体がまだ少ないということもあります。
大人数での挙式が前提となっているホテルなどに依頼した場合、挙式が重なるシーズンでは優先度を下げられてしまう可能性もありますので、会場選びは慎重に行いましょう。
最後に、当然ながら集まるご祝儀の額は少なくなります。
家族婚の場合は、結婚式にかかる費用自体も抑えられるのでご祝儀の額が少なくなることをデメリットと捉えるかは人それぞれですが、家族婚の特徴のひとつではあります。

4 家族婚のお祝いのスタイル

家族婚のお祝いにはさまざまなスタイルがありますが、それぞれの特徴について詳しく説明します。
まず、もっともシンプルなのが挙式のみというスタイルです。新郎新婦の誓いや指輪の交換、結婚式のセレモニーだけを行います。
記念写真撮影とセットで行われる場合もあります。次に、食事会のみというスタイルもあります。
個室のあるレストランや料亭で、食事会のみを行うという内容になります。
そして、述べた2つを組み合わせて挙式の後に食事会を行うスタイルも人気です。
この場合、式の流れとしては一般的な結婚式と同じですが、食事会では新郎新婦が各テーブルを回って歓談することができます。
お見送りの際に、ゲストひとりひとりに新郎新婦からプチギフトを手渡しするのも喜ばれるでしょう。

5 家族婚のお祝いの費用相場

家族婚を検討するうえでは、お祝いの費用相場について知っておくことも大切です。
費用相場では、まず挙式代が10万円~、飲食代が1万5000円程度×人数分、会場費が5万円~、衣裳代が10万円~、引き出物代が3000円程度×人数分かかります。
家族婚のお祝いは大人数の結婚式に比べると全体的にかかる総費用は少なくなりますが、割引も適応されにくいため、ひとり当たりにかかるコストは割高になることもあります。

6 家族婚のお祝いを行う会場はどこがいい?

家族婚のお祝いの雰囲気を左右するのが会場選びですよね。
家族婚の会場として使われることが多いのが、レストランやホテル、結婚式場です。
家族旅行も兼ねてリゾートウェディングのスタイルで行われる場合もあります。
レストランを会場にするメリットは、美味しい料理を味わいながらアットホームな雰囲気でお祝いを行えることです。
ホテルの場合は、駅から徒歩で歩けるなどアクセスしやすい場所にあることが多く、さらに宿泊施設があるので遠方からのゲストも招待しやすいのが強みです。

結婚式場は、チャペルやバンケットなどひとつの敷地に施設がすべて揃っているのでゲストに移動の負担をかけることなく、もっとも結婚式らしい雰囲気が味わえます。
リゾートウェディングでは、青い空の下で海をバックに指輪の交換をするなど通常の結婚式では味わえない、非日常的な雰囲気で結婚式を挙げることができます。

7 家族婚のお祝いの注意点

家族婚のお祝いを円滑に進めるためにはいくつか注意したい点もあります。
まず、招待するゲストの人数に応じた会場選びをすることです。
30名程度の人数であってもレストランでは全員を収容できる個室がない場合もあります。
また、ゲスト用の控室がないことも多いため、あらかじめ代わりのスペースを確保しておく必要があります。

食事会を行う場合は、単なる歓談の場にならないように「結婚式のお披露目会」を意識した進行にすることが大事です。
たとえば、ケーキカットや新郎新婦からのお礼のスピーチなどの演出を行うことによって、きちんとした結婚のお披露目の場という雰囲気にできます。
また、プロの司会進行を立てることによって食事会にメリハリが生まれやすくなります。
セレモニー感を高めるために招待状を用意するのも良いでしょう。

披露宴ではないため新郎新婦やゲストの服装は必ずしもフォーマルである必要はありませんが、希望に応じて新婦がウェディングドレスや振袖などを着用してもかまいません。
挙式をしない場合でも、食事会の最初に新郎新婦がタキシードとウェディングドレスという衣裳で登場することで親族に晴れ姿を披露できます。
その流れで記念写真を撮っておくと一生の思い出になりますよね。
司会進行役がいれば新郎新婦が着替えの間にも場をつないでもらえますので、撮影後にスーツなどの動きやすい服装に着替えても良いでしょう。

8 アットホームな雰囲気を満喫できる家族婚でのお祝い!

家族婚ではアットホームな雰囲気で家族に感謝の気持ちを伝えることができます。
新郎新婦がどのような形で家族に感謝の気持ちを伝えたいかで会場選びなども変わってきます。
結婚は一生の思い出になりますので、もっとも大切にしたいことの優先順位を決めて満足できる式にしたいですよね。
家族婚を希望する場合は、少人数結婚式のエキスパートであるミニマルウェディングに相談してみてはいかがでしょうか。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。