WeddingTable

Columnウェディングコラム

フォトウェディング(フォト婚)の費用はどれぐらい?かかる費用を徹底解説!

2020.03.23 | 豆知識・費用・相場

近年、フォトウェディング(フォト婚)を希望するカップルが増えてきています。
結婚式や披露宴を行わなくても、結婚の記念を残せるのはフォトウェディングの大きな魅力といえるでしょう。
そこで気になるのが、フォトウェディングの費用です。
この記事では、フォトウェディングにかかる費用や相場について解説します。

<画像出典:innocently studio>

1 フォトウェディング(フォト婚)は2種類ある!それぞれの費用相場は?

フォトウェディングには、大きく分けて「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」があります。
それぞれ性質が異なるため、費用相場にも違いが出てきます。

 

・スタジオ撮影とは

スタジオ撮影は撮影場所が屋内に限られます。
基本的には、フォトスタジオの建物内で撮影すると考えていいでしょう。
スタジオ撮影ではスナップ写真のほか、台紙付きで納品される記念写真も撮影できます。
スタジオによっては、記念写真のみの撮影に限られているケースもあるので注意しましょう。
費用の相場は、洋装と和装を着用した場合で10~15万円です。

 

・ロケーション撮影とは

ロケーション撮影は屋外で撮影を行います。
フォトスタジオが指定する場所や、ふたりが希望する場所へ行ってスナップ写真を撮影することがほとんどです。
スタジオによっては、屋外での撮影に加えて屋内での撮影も可能なプランをロケーション撮影プランとして提示していることもあります。
費用の相場は15~20万円です。

2 プランに含まれている費用は何がある?費用相場を解説!

一般的に、フォトウェディングのプランには、以下の項目が含まれます。
プランの内容について、詳しく見ていきましょう。
それぞれを別に依頼した場合に発生する費用の相場も記載するので、プランを選ぶ際の参考にしてください。

 

・撮影代

フォトグラファーが写真を撮影する技術料です。
撮影するカット数に応じて料金が変動するケースが多く、カット数が多いほど撮影代も高くなります。
費用の相場は記念撮影1ポーズで1万円~、スナップ撮影100カットで3万円~です。

 

・衣装代

撮影の際に着用するウェディングドレスやタキシードなどの婚礼衣装をレンタルする料金です。
フォトスタジオで用意している場合と、提携の衣装店を紹介される場合があります。
フォトスタジオによっては衣装を持ち込めるプランもありますが、その場合でも料金が変わらないケースもあるので、事前に確認しておきましょう。
費用の相場は1着5万円~です。

 

・ヘアメイク代

美容師がヘアメイクを施す技術料です。
基本的には、撮影当日に希望を聞きながら仕上げていきます。
リハーサルメイクを行う場合は、別途料金が発生するケースが多いので注意しましょう。
費用の相場は洋装で2万円~、和装で3万円~、リハーサルメイクが1万円~です。

 

・小物、アクセサリー代

着用する衣装に合わせて借りる小物類の料金です。
ドレスならブーケやグローブ、靴などがこれに当たります。
提示された選択肢の中から選ぶ場合は、プランに含まれる料金として考えていいでしょう。
費用の相場は1万円~です。

 

・スタジオ代などの設備代

結婚式や披露宴で写真撮影を行う場合、スタジオ代などがかかることがありますが、フォトウェディングではプランに含まれていることがほとんどです。
たとえば、撮影でスタジオにあるソファを使用したとしても別料金が加算されることはまずありません。
費用の相場は1万円~です。

 

・写真データ、プリント代、アルバム代

撮影した画像は、データ、現像した写真、アルバムなどで納品されます。
昨今では、撮影するカメラがデジタル化しているため、データで渡されるケースが多くなっています。
一方、記念写真の撮影などでは、データ渡し不可付加となっていることもあるので、忘れずにチェックしましょう。
また、アルバム制作を依頼する場合は追加料金が発生することもあります。
アルバムのグレードによっても料金が異なるため、どこまでがプランに含まれているのかも確認しておきましょう。
費用の相場はアルバム制作で10万円~です。

 

・出張費用

ロケーション撮影では、場所や区域を限定して出張費用をプランに組み入れているスタジオもあります。
提携していない施設での撮影やスタジオから距離が離れている場所での撮影では別途加算されることもあるので事前に相談しましょう。
費用の相場は1万円~です。

3 フォトウェディング(フォト婚)スタジオ撮影の場合

スタジオ撮影での費用の相場は、洋装と和装を着用した場合で10~15万円で、半数近くのカップルが15万円以内に収まっています。
スタジオ撮影には、スナップ撮影と記念写真撮影があり、どちらを撮影するかによって費用も変わってきます。

 

・費用の内訳

①台紙付き写真×ポーズ数(記念写真撮影の場合)
② 撮影データ(スナップ撮影の場合)
③ 衣裳レンタル代
④ 衣装小物
⑤美容(着付け・ヘアメイク)

 

台紙付き写真は、両家および新郎新婦分として2セットまたは3セットでの納品となるケースもあります。
スナップ撮影では、納品はデータ渡しで、アルバム制作はオプションとして設定しているスタジオが多い傾向です。

4 フォトウェディング(フォト婚)ロケーション撮影の場合

ロケーション撮影の費用の相場は15~20万円です。
スタジオ撮影と比較して高額になる傾向があるものの、海外などリゾートのロケーション撮影では5~20万円など、相場が明確ではないのがロケーション撮影の特徴でもあります。

 

・費用の内訳

①台紙付き写真×ポーズ数(記念写真撮影の場合)
② 撮影データ(スナップ撮影の場合)
③ 衣裳レンタル代
④ 衣装小物
⑤ 美容(着付け・ヘアメイク)
⑥出張費用

 

基本的にはスタジオ撮影と同様の内訳ですが、プランによっては出張費用が含まれることもあります。

5 フォトウェディング(フォト婚)で追加料金が発生しやすいもの

フォトウェディングのプランは、写真撮影のに必要なものがすべて含まれているケースが多いものの、希望する内容によっては追加料金が発生することもあります。
以下の項目には注意が必要です。

 

・土日祝での撮影

フォトウェディングが比較的安価なプランとなっているのは、結婚式や披露宴が少ない平日を活用してカメラマンや衣装を手配するためです。
そのため、土日祝日は追加料金が発生する可能性があります。追加費用の相場は1万円~です。

 

・衣装の追加やグレードアップ

フォトウェディングでは、プラン内で着用できる衣装の数や種類が決まっています。
たとえば、ウェディングドレス1点のプランで和装も撮影したいとなると、その分の料金が追加になります。追加費用の相場は2万円~です。

 

・撮影カット数の追加

撮影カット数はプランごとに決まっています。
そのカット数を超える枚数の撮影を希望する場合はプランのグレードを上げるか、追加料金での対応となります。
追加費用の相場は100カット2万円~です。

 

・カメラマン指名料

スタジオによってはカメラマンの指名も可能です。
無料で指名が可能なケースもあれば、指名料が追加さされることもあります。
追加費用の相場は1万円~です。

 

・移動費、出張費

ロケーション撮影では、撮影場所までの移動にかかる費用が追加となることがあります。
一般的には、カメラマンと美容師の出張費や、衣装の持ち出し費用などが加算されます。
追加費用の相場は1万円~です。

 

・撮影データの修整、編集

撮影データの画像修整や編集が別料金となっている場合もあります。
「○枚まではプラン内でできるが、それ以上は別料金」というケースもあるので、事前の確認が必要です。
追加費用の相場は1万円~です。

 

・アルバム印刷

アルバム制作は追加料金が発生するケースが多い傾向があります。
グレードによって料金が変動することもあり、要注意の項目です。
追加費用の相場は60カット収録デジタルアルバムで5万円~です。

6 フォトウェディング(フォト婚)にかかる費用を節約する5つのポイント

結婚式や披露宴を行うよりもリーズナブルだとされるフォトウェディングでも、申し込みの方法によっては費用が高額になることもあります。
ここでは、フォトウェディングの費用を節約するポイントを解説します。

 

・平日に撮影する

平日と土日祝日で費用が異なる場合は、できるだけ平日に撮影しましょう。
平日の撮影は費用を抑えられるだけでなく、スタジオが混雑しないというメリットもあります。

 

・衣装1着にする

和装か洋装かどちらか1着にした方が、費用も抑えられるのでおすすめです。
ですが、両方着たい場合は、プラン料金が追加になり、当日の撮影時間も長くなることが多いですが人気です。
そして、和装と洋装と対して料金はあまり変わらないことが多いです。
結婚式と異なり、和装と洋装を両方着たとしても、フォトウェディングの場合は、比較的リーズナブルにレンタルが可能です。

 

・スタジオ撮影にする

ロケーション撮影はどうしても費用が高額になりがちです。
屋外での撮影にこだわらない場合は、スタジオ撮影で、かつ記念写真のみにするとかなり費用が抑えられます。

 

・アルバムは自作する

アルバムは、撮影データさえあればインターネットなどを活用して自作することもできます。
また、デジタルアルバムとして保管すれば、いつでもスマートフォンなどで見られるというメリットもあります。

 

・小物やアクセサリーを持ち込む

小物のレンタルに追加料金が発生する場合は持ち込むのもひとつの方法です。
小物やアクセサリーは持ち込み料金がかからないことがほとんどなので、自分で用意することも検討してみましょう。

7 【まとめ】予算内でフォトウェディング(フォト婚)をしよう

フォトウェディングの費用は、依頼するスタジオによって大きく異なります。
また、プランに含まれる内容もさまざまであり、事前の下調べも必要不可欠です。
予算に問題がないプランを選び、納得のいくフォトウェディングを実現しましょう。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。