WeddingTable

Columnウェディングコラム

アットホームな家族挙式に最適なドレスとは?

2020.02.21 | アイテム

ウェディングドレスにはさまざまなデザインがあります。
そのどれもが美しいデザインなので、ドレス選びに迷ってしまうこともあるでしょう。
選び方は色々ありますが、一般的には挙式の目的を考えると選びやすくなるといわれています。
そこで、今回は家族挙式に適したドレスを紹介していきます。
家族挙式を行う予定があるけれど、どんなドレスを選べば良いのか分からないというような人には参考になる内容です。
自分に似合う素敵なドレスを選択して、思い出に残る結婚式にしましょう。

1 どれがお好み?人気のドレスライン5選

結婚式に使用するドレスには、主に5つのタイプがあります。
この5つのタイプは、人気のドレスラインでもあるのです。

具体的には、Aライン、ベルライン・プリンセスライン、マーメイドライン、スレンダーライン、エンパイアラインの5種類になります。
これらの中から自分の好みで選んでも良いですが、それぞれのシルエットやデザインの特徴、会場の雰囲気なども考慮して選ぶと、より良いものとなるでしょう。
そこで、それぞれのドレスの特徴について詳細に解説していきます。
各ドレスの特徴を理解して選ぶことで、より良い選択ができるようになるでしょう。

二人で行う結婚式は一生に一度のものでもあり、ドレスにも妥協はしたくないものです。
自分たちはもちろん、式に参加するゲストにも喜んでもらえるような一着を探していきましょう。

2 Aライン

<画像出典:アンジェパティオ

Aラインという言葉は普段着る洋服にも使われますが、ドレスにもこのようなシルエットがあります。
Aラインというのは、上半身から下半身にかけて、アルファベットのAのように広がっていくドレスを指します。
裾に向かうほど広がっていくので、まるでアルファベットのAのように見えるのが名前の由来です。
特徴としては、ウェディングドレスとしてはポピュラーなデザインで、どんな体型の人でも似合うことです。そのため、最も着こなしやすいデザインともいえます。

また人気のあるドレスラインなので、細かいデザインやサイズなどの種類も豊富に用意されていています。
このタイプは、その人の雰囲気や比較的どのようなスタイルの式場にも合わせやすいといえるでしょう。
多くの式場に映える、王道のドレスラインがAラインなのです。

3 ベルライン・プリンセスライン

<画像出典:クルーズクルーズ THE GINZA

ベルラインドレスはプリンセスラインと呼ばれることからも分かるように、まるでお姫様を連想されるような華やかなデザインが特徴的です。
シルエットも上半身は身体にフィット、ウエストはタイトに締め上げ、そこから下のドレスがふんわりと広がるようになっています。
このような上下のメリハリが特徴で、下半身のボリューム感が花嫁を引き立ててくれるでしょう。
また、このドレスラインは小柄な人や華奢な人にも人気のあることが特徴です。

特に身長が低いとドレスが似合わないと悩む人が一部でいますが、そんな人にもおすすめできるのがベルラインドレスになります。
なぜなら、下半身のボリューム感が着る人を引き立ててくれることと、全体のバランスも良くなるドレスだからです。
ただ、ドレスのボリュームがある分、場所をとり動きづらくもなります。その辺を許容できるなら、とても素敵なドレスといえるでしょう。

4 マーメイドライン

<画像出典:アンジェパティオ>

少し大人っぽく、個性的に演出をしたいならマーメイドラインドレスもおすすめです。
このドレスは腰回りまでフィットする、タイトなシルエットが特徴的です。
マーメイドという名称の通り、まるで人魚を連想させるようなデザインとなっています。

また、女性らしい曲線美を強調するシルエットでもあるので、華奢で体型に自信のある人が選ぶ傾向があります。
細身で身長が高めの女性が最も映えるドレスともいえるでしょう。
そのほかにも、これまで紹介したドレスより、大人っぽい印象を与えることもできます。
そのため、可愛すぎるデザインが苦手という女性から支持が高いことも特徴となっています。

なお、背が低い人は着こなしにくいドレスと考えられがちですが、裾の部分にフリルなどをいれてボリューム感を出せば、違和感なく着ることもできるでしょう。
裾の部分にボリュームがでることで、全体のバランスが良くなるからです。
もし、マーメイドラインに抵抗がある方でも少しでも興味がある場合は、ぜひ試着してみることをおすすめします。

5 スレンダーライン

スレンダーラインのウェディングドレス

スレンダーラインのドレスは、ボディラインに沿ったシンプルなデザインが特徴です。
そのため、マーメイドラインのドレスと同様に、背の高い華奢な女性に似合うシルエットとなっています。
マーメイドラインとの違いとしては、よりシンプル志向なドレスであるということです。

華やかすぎる結婚式が苦手で、シンプルに式を行いたいという人には良いドレスといえるでしょう。
また、ドレスそのものよりも、着る人そのものを引き立てる一着ともいえます。
そのような観点から、高い美意識をもつ女性にもおすすめしたいドレスです。

そのほかにも、スレンダーラインのドレスには動きやすいという特徴もあります。
これは、シンプルなデザインで華美な装飾がないからです。
この特徴を活かして、式に参加してくれたゲストとたくさん触れ合うのも思い出に残るのではないでしょうか。

6 エンパイアライン

<画像出典:ラファエル

エンパイアラインはナチュラルで、少しカジュアルな印象も漂うドレスです。
そして、胸の下で切り替える、ハイウエストなデザインも特徴的といえるでしょう。
これはお腹を締め付けないことにも繋がるので、マタニティ花嫁にもおすすめできるドレスです。
また、全体のシルエットとしては、直線的なラインとなっています。
これに加えてハイウエストで切り替えるので、視線が高くなり、縦長に見えることも利点です。
このような特徴から、小柄な人でもスラリとした印象を演出することができます。

スレンダーラインのドレスと同様に、華美な装飾はあまりないので歩きやすさもあります。
こちらはナチュラルなデザインも特徴なので、レストランなどのカジュアルな式でも違和感なく溶け込むことでしょう。
ナチュラル志向のウェディングは近年人気なので、ドレスのデザインが気に入ったのなら、エンパイアラインを選んでみるのも良いでしょう。

7 家族挙式におすすめのドレスは?

<画像出典:ラファエル>

家族挙式という観点で、どのようなドレスが良いのかも考えてみましょう。
そのときはデザインやシルエットも重要ですが、動きやすさも大切になります。
それは、少人数の挙式では新郎新婦は会場内を移動することが多くなるからです。
そのようなとき、ボリュームのありすぎるデザインなどは、動きにくくなってしまいます。

また、裾の長さにも注意しておかないと、予想以上に移動が大変になってしまうこともあります。
基本的にドレスを選ぶときは、見た目や自分自身に似合うかどうかで選ぶ人が多いですが、挙式のスタイルによっては、このような機能性も重要になってきます。

もちろん、最終的に決めるときは新郎新婦の価値観に基づいて決めればよいでしょう。
しかし、このような観点もあるということは、覚えておいても損はないものです。
ぜひ、ドレスを選ぶときは動きやすさにも注目してみましょう。

8 なかなか決められないときはコンシェルジュにアドバイスしてもらおう

結婚式に着るドレスというものは、普段は着る機会が無いものです。
そのため、どのドレスにして良いか、なかなか決められないという人もいるでしょう。
そのようなときにおすすめなのは、家族挙式で経験豊富なコンシェルジュに相談してみることです。
長年のさまざまな経験から、プロの視点を通してアドバイスしてもらうことが期待できます。
きっと、それぞれの式場の雰囲気に合わせて、適切なドレスの提案があることでしょう。

例えば、Wedding tableなら、家族挙式などの少人数結婚式専門のコンシェルジュが多数在籍しています。
少人数結婚式専門のサービスとして、実績も豊富なので安心です。
具体的にどこに相談して良いか分からない人は、このようなサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。